トヨタ GRカローラ新車情報・購入ガイド マニアックな一部改良。550台の抽選申し込み開始!

写真拡大 (全10枚)

 

GRカローラ、走りをさらに磨き再販売決定!


 

トヨタGAZOO Racingは、スポーツモデルのGRカローラを一部改良し、550台の予定で抽選販売する。

抽選申込みは、2023年8月23日13時30分から9月11日8時59分までWebで受付け。9月下旬より順次商談を開始。販売の開始は、2023年秋頃を予定している。

今回の一部改良では、スーパー耐久シリーズをはじめとした様々なモータースポーツ現場での学びを生かした改善を実施。意のままの走りを更に進化させるため、運転操作に対するダイレクト感とスタビリティを向上させた。

トヨタGAZOO Racingは、今後も継続的なモータースポーツ参戦を通して、GRカローラを進化させていくとしている。

また、半導体不足が緩和の傾向にあるため、販売台数を増加させる可能性がありという。

GRカローラRZ 商談申込抽選受付はコチラ

 

マニアックな「ボルト」の改良


 

トヨタGRカローラは、2022年12月にデビュー。レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践して開発された。豊田会長や、レーシングドライバーの石浦宏明選手、全日本ラリーチャンピオンの勝田範彦選手、社内の評価ドライバーなど、多様なドライバーによって評価され開発されたモデル。生粋のスポーツカーだ。

そんなスポーツカーらしさをより高めるために、2022年12月のデビューから1年も経たずに改良が行われた。その改良ポイントは、なんと「ボルト」。ボルト1本にもこだわるGRカローラがレースフィールドから生まれてきたモデルであることがよく分かる。小さな改良だが、こうした進化を止めないことは高く評価できる。ボルトの改良ポイントは、以下の通り。

運転操作に対するダイレクト感の向上

・シャシー部品を締結するボルトの一部に、締結剛性向上ボルトを採用。ステアリング操作に対する応答性と直進安定性を向上し、クルマとの一体感を進化させた。

 

 

締結剛性向上ボルトの種類と採用部位

・フランジにリブ形状を追加。フロントサスペンションメンバー×ステアリングギヤボックスに採用。

・ボルト頭部サイズを拡幅。リヤサスペンションメンバー×ボディに採用。

 

 

スタビリティの向上

フロントバンパーダクト形状を改善。ホイールハウス内の空気の流れを最適化し、操縦安定性を向上させた。

 

 

トヨタ GRカローラ価格


・GRカローラ RZ 5,250,000円

 

トヨタ GRカローラ新車情報・購入ガイド

GRモデル新車情報・試乗記一覧

スポーツカー新車情報・試乗評価一覧

NISMOモデル新車情報・試乗評価一覧

 

トヨタ GRカローラ出力、燃費、ボディサイズなど諸元表


 

代表グレード  GRカローラ RZ

ボディサイズ  全長4,410×全幅1,850×全高1,480mm

ホイールベース 2,640mm

トレッド前/後 1,590mm/1,620mm

最低地上高(社内測定値) 120mm

車両重量 1,470kg

エンジン型式  G16E-GTS

種類  直列3気筒インタークーラーターボ

総排気量  1,618

エンジン最高出力  224kW[304ps]/6,500rpm

エンジン最大トルク  370Nm[37.7-m]/3,000 〜 5,550rpm

WLTCモード燃費   12.4km/L

トランスミッション  iMT(6速マニュアル)

駆動方式 4WD

サスペンション前/後  マクファーソンストラット/ダブルウィッシュボーン

タイヤサイズ  235/40R18タイヤ