サッカー日本代表 板倉滉が苦難の海外初挑戦を振り返る

写真拡大 (全2枚)


板倉がフローニンゲンで自炊をしていた時期の買い出し

ブンデスリーガ・ボルシアMGでの2シーズン目を迎えた板倉滉。今でこそ海外リーグで活躍中だが、初めての海外挑戦時には苦労もあったという。今回は当時を振り返るとともに、そんな彼を支えた爐覆鵑箸なる瓩寮鎖世貿る!

【写真】板倉滉が苦難の海外初挑戦を振り返る

■カタコトの英語でオランダへ移籍

海外のクラブに移籍して、もう5年目になる。「どうやって、言葉を話せるようになったんですか?」、あるいは「どのようにチームへ溶け込んだんですか?」という質問はよく受ける。僕の場合は、ほぼゼロからのスタートだった。

2019年にイングランド1部のマンチェスター・シティへ完全移籍。ただ、ビザの関係もあって、すぐにオランダ1部のFCフローニンゲンへ期限付き移籍となった。かなり慌ただしい移籍だったこともあり、当時の僕は「フローニンゲンってどこ?」というレベル。海外挑戦は、見知らぬ地でのホテル暮らしから始まった。

中学高校の授業は受けていたけど、英語は苦手科目だった。代理人からは「若いうちに英語は始めておいたほうがいい」と、教材やレッスンを紹介してもらったのだが、一切手をつけず。正直、サボってしまった(笑)。しかし、いざフローニンゲンに行ってみたら、通訳はつかず、思っていたよりもハードな状況に。

まずは食事。これが参ってしまった。フローニンゲンという街は、アムステルダムやロッテルダムのような都市部のように、ホテルから数分歩けばレストランがあちこちにあるわけではない。車も持っていなかった僕は、ひたすらホテルのレストランでごはんを食べることに。

メニューは当然、オランダ語か英語。辛うじて、わかる単語はChikhen(チキン)のみ。だから、来る日も来る日も鶏肉料理。ある日、冒険心から当てずっぽうで違うメニューを指さしてみたけど、結果は惨敗だった。

チームとの最初の合流も、選手みんなが参加していた食事の席だった。仏頂面でいるのもなんだから、何かしらコミュニケーションをとろうと、目の前にいるオランダ人選手に話しかけてみた。

「Do you like an apple?(リンゴは好き?)」。中学で習った初歩的な英文がとっさに出てきた。彼はきょとんとしていた。だって、リンゴなんてどこにもない。きっとヤバい日本人が来たと思われていたはずだ。

会話ができないのは、とにかくつらい。当時、チームには(堂安)律がいて、ずいぶん助かったが、四六時中頼りっぱなしというわけにもいかなかった。練習はトップチームに参加していたけれど、週末はU-23チームで遠征に行かされた。

試合に出られないもどかしさ、悔しさ、焦り。3ヵ月ほどたったところで、「もう後がない」とついにダニー・バイス監督のもとへ直談判しに行った。ただひとつ、「どうして僕はトップチームでプレーできないのか?」という英語だけ覚えて。

監督はホワイトボードを使って、丁寧に説明してくれた。うれしかったが、英語で何を言っているのかは、まったくわからない。そこからまた、試合に出られない日々は続いた。

■一目置かれた理由は殴り合い!?

結局、半年たってようやく、試合に出られるようになるけれど、転機はいくつかあった。

ひとつは、クラブから紹介された英会話の先生との出会い。彼女はフローニンゲン郊外に、旦那さん、ふたりの小さい子供と住んでいた。最初は、ホテルのラウンジでレッスンしていたけど、しばらくして「家に遊びにいらっしゃい」と誘ってくれた。

ちょうど、子供たちも英語を覚え始めで、一緒に段階を踏んで勉強できたのがレベルアップにつながった。今や本当の家族のような関係で、引っ越しのつなぎとして、1ヵ月間、部屋を借りたこともある。

もうひとつは、チームメイトとの交流。国内外問わず、どのクラブでも手を差し伸べてくれる選手は必ずいるものだ。当時を振り返り、真っ先に思い浮かぶのは、オーストラリアのフルスティッチ選手。21年のW杯アジア最終予選では、日本代表相手に直接FKを決めたこともある10番の選手だ。僕がまだ英語をしゃべれないとき、自宅に招待してくれて、身ぶり手ぶりのコミュニケーションにも、とことん付き合ってくれた。

映画に誘ってくれたオランダの選手もいた。数人で映画館に行ったけど、オランダ語に英語字幕。ポップコーンを食べる以外、することがなくて結局寝てしまった(笑)。とにかく、どんな誘いも断ることはなかった。たとえ言葉が通じなくても、気持ちは通じるはずだから。

ピッチでもそう。僕は練習の段階から「自分以外は全員敵」くらいの気持ちで、闘志をむき出しにしていた。試合でも、自分はやれるとアピールするためだ。

ある日、ボールがないところで脚を蹴られたので、思いっきりやり返したこともある。そのチームメイトはガチ切れ、殴り合いのけんかになった。律は笑って見ていたけど......。けんかはよくない。でも、プロとしてピッチ上で舐められるわけにはいかない。そこからだった、監督の態度に変化が表れたのは。僕の闘志を感じてくれたのか、次第に出場機会も増えていった。
 

海外へ行くのに、入念な下準備をするに越したことはない。でも、狹たって砕けろの精神瓩如△箸蠅△┐困屬弔ってみるのも悪くない。もし、今の僕が当時の僕に声をかけるとすれば......「大丈夫、なんとかなるから」。


板倉選手プロフィール

●板倉滉(Ko ITAKURA) 
1997年1月27日生まれ、神奈川県出身。日本代表CB。川崎Fでプロ入り、19年に1シーズン在籍したベガルタ仙台からイングランド1部マンチェスターCへ移籍。その後、オランダ1部フローニンゲン、ドイツ2部シャルケへと移り、現在はドイツ1部のボルシアMGに在籍。昨年のカタールW杯ではベスト16入りの立役者となった。

構成・文/高橋史門 撮影/山上徳幸