メルセデス・ベンツEQS SUV試乗記・評価 デカくて重いが、上質感極まる快適性

写真拡大 (全14枚)

 

全長5m超、全幅2m超。とにかくデカい!


 

メルセデス・ベンツがカーボンニュートラルに向けて送り出したBEV(バッテリー電気自動車)の専用ブランドがEQシリーズだ。積極的にバリエーションを拡大し、EQCから数えて7作目になるのが「EQS SUV」である。

先行デビューしたフラッグシップのEQS(4ドアセダン)のSUV版と言えば分かりやすいだろう。EQS一族だから、同じテイストのブラックグリルパネルと一体にデザインしたフルLEDヘッドライトを採用し、プラットフォームもEV専用の「EVA2」を受け継いでいる。

間近に見るEQS SUVはかなり大柄に見えた。全長は5135弌▲曠ぁ璽襯戞璽垢3210个發△襦A管は2mの大台を超え、なんと2035个澄D垢ち環垢世ら全高が1725个任眷悗高いように見えない。案の定、公共の駐車場に停めると、隣のクルマがグッと近いように思われた。

EQS SUVは、ヨーロッパでは2列シートの5人乗り仕様が用意されている。だが、日本向けのEQS SUVは3列シートの7人乗り仕様だけの設定だ。駆動方式も、前後にモーターを配した「4マチック」と名付けられた4WDだけが輸入される。

 

 

800Nm!? って・・・、中型トラック並みの最大トルク


 

ステアリングを握ったのは、ベースモデルのEQS450 4マチックSUVだ。モーターのシステム最大出力265kW(360ps)、システム最大トルク800N・mを発生する。

ちなみに、フロントモーターは88kW(120ps)、リアモーターは178kW(243ps)のスペックだ。最大トルクは8Lクラスのガソリンエンジンと同等なのだから恐れ入る。内燃機関では実現が難しい数値だ。上級のEQS580 4マチックSUVスポーツは、さらにその上を行く。システム最高出力は400kW(544ps)、システム最大トルク858N・mとなっている。

 

 

メルセデスらしいジェントルな走り


 

ドライブモードは「エコ」、「コンフォート」、「スポーツ」に加え、「インディビデュアル」の4モード設定。

「エコ」モードでも不満のない走りを披露するが、守備範囲が広く、ストレスのない加速を見せるのは「コンフォート」である。まずはコンフォートモードで走り出した。アクセルを踏み込むと、モーターは低回転から十分なパワーとトルクを発生する。余裕ある加速を見せるが、猛々しさは感じない。なぜなら車両重量が2880kgもあるからだ。

だが、モーターならではの鋭いレスポンスと、瞬時にパワーが立ち上がるから非力と感じない。それでも不満と感じるならスポーツモードを選べば、冴えた加速を披露する。

しかも、シームレスな加速フィールだし、静粛性も群を抜いて高い。高速走行でもCd=0.26の優秀なエアロダイナミクスを武器に、高級SUVにふさわしい快適性を見せつけた。高速走行では上手にコースティングし、電費を稼ぐ効果も感じ取れる。

ユーザーの好みで走行モード(ダイナミックセレクト)を変えることができるし、ステアリングに装備されているパドルシフトを使えば回生ブレーキの強弱を調整することが可能だ。

また、「オート」モードのインテリジェント回生もあり、これを選ぶと先行車との距離を自動で保つだけでなく、停止まで回生ブレーキを使って自動で速度を調整してくれる。これは重宝した。

EV乗りの多くが好むワンペダルドライブモードもあるが、中央にあるディスプレイ・モニターのMBUXを使って設定する方式なのは、少し残念だ。

 

快適な乗り心地を支えるエアサス


 

サスペンションは、フロントが4リンク式のダブルウイッシュボーン、リアはマルチリンクの組み合わせである。ただし、上質な乗り心地を実現するために連続可変ダンピングシステムのADS+を組み合わせたエアサスペンションとした。

もちろん、セルフレベリング機構を備え、乗車人数や荷物の重さに関わらず地上高を一定に保ってくれる。

また、ドライブモードで特筆したいのは「オフロード」モードが加わっていることだ。このモードでは挙動安定制御のESPを解除することもできる。砂地などでは重宝するだろう。

 

 

Bセグコンパクトカー並み! 驚愕の最小回転半径5.1m!


 

大柄なボディの弱点をカバーするためにEQS 4マチックSUVでは後輪操舵のリアアクスルステア機能を装備している。リアタイヤが最大10度の切れ角を持つ4WSで、最小回転半径はなんと5.1mだ。全長5m超のロングボディなのに、驚愕の小回り性能を得ている。

駐車場からの出し入れやUターンでは威力を発揮。住宅地の狭い道路は苦手だが、幹線道路では大きさを持て余すことがない。アップライトパッケージで見晴らしがいいし、見て分かるほどリアタイヤが切れる4WSだから駐車も無理なくこなす。

ただし、全幅は2mを超えているから、首都高速のETCゲートと駐車場の出入りゲートではちょっとドキドキした。

 

 

落ち着いた挙動のハンドリング


 

ハンドリングは素直で、コントロールしやすい。モーター同様に、サスペンションの制御も緻密だ。プレミアムSUVだから滑らかな加速と落ち着いた挙動に終始し、舵の動きも落ち着いていて気忙しくない。

それでいて、コーナリング時には粘り腰を見せる。荒れた路面のいなし方も上手だ。だが、背が高いし、重いこともあり、小さなコーナーを速いスピードで駆け抜けたときには上屋の揺れと動きを意識させられた。

また、急ブレーキング時のボディの動きもそれなりに大きく感じられる。その代わり、乗り心地はとても上質だ。

 

 

航続距離は589辧  実平均電費は5/kWhを超え


 

リチウムイオンバッテリーは、フラットなフロアの下に敷き詰められている。その容量は108.7kwhだ。WLTCモードでの航続距離は試乗したEQS450 4マチックSUVが593km、上級グレードのEQS580 4マチックSUVスポーツが589kmと発表されている。

高速道路で流れに乗って、ていねいな運転をすると実平均電費は5/kWhを超えた。積極的に走っても400km以上の航続距離は確保できそうだ。150kWの急速充電器にも対応しているから、充電時間も短くて済むだろう。150kWの充電器を使えば、残量10%の状態から30分で58%に、そして80%までは49分の計算である。

 

 

GLSより買い得感あり!? 戦略的な価格設定


 

キャビンは2列目シートまでなら満足できる広さを確保していた。2列目は足もとだけでなく頭上も余裕があり、シートの出来もいいからリラックスしてロングドライブを楽しめる。

3列目シートも実用になる広さと快適性を確保した。レッグルームとヘッドクリアランスは、大人でも不満を感じさせない広さだ。ラゲッジルームも満足できる広さだった。だが、乗り降りにはちょっと慣れとコツを必要とする。

だが、ミニバン的に使うことができ、いざというときには重宝するはずだ。EQS450 4マチックSUVの販売価格は1542万円。GLSと比べてもお買い得な価格設定だ。補助金や優遇税制などもあるし、4WDだから買い得感はかなり高いように感じられる。

<レポート:片岡英明

 

メルセデス・ベンツEQS新車情報・購入ガイド

SUVを買ってはいけない場合とは?

BMW iX xDrive50試乗記・評価

トヨタ ランドクルーザー70新車情報・購入ガイド

レクサスGX新車情報・購入ガイド

電気自動車新車情報・試乗評価一覧

SUV新車情報・試乗評価一覧

メルセデス・ベンツ新車情報・試乗評価一覧

ドイツ車新車情報・試乗評価一覧

 

メルセデス・ベンツEQS SUV価格


・EQS 450 4MATIC SUV 15,420,000円

・EQS 580 4MATIC SUV Sports 19,990,000円

 

メルセデス・ベンツEQS SUVの電費、ボディサイズなど諸元表


代表グレード EQS 450 4MATIC SUV

ボディサイズ 全長×全幅×全高[mm]: 5,130x2,035x1,725

ホイールベース[mm]: 3,210

最低地上高[mm]: 175

最小回転半径[m]: 5.1

車両重量[kg]: 2,880

トランク容量[L]: 195-2,020

システム最高出力[kw(ps)]:265(360)

システム最大トルク[N・m(kg-m)]:800

フロントモーター最高出力[kw(ps)]:88

フロントモーター最大トルク[N・m(kg-m)]:260

リヤモーター最高出力[kw(ps)]:178

リヤモーター最大トルク[N・m(kg-m)]:540

駆動方式:4WD

一充電走行距離WLTCモード[km]: 593

電費[/Wh]: 221 (5.5/kWh)

バッテリー 種類:リチウムイオン

総容量[kWh]: 107.8

サスペンション前/後:4リンク/マルチリンク

タイヤサイズ前後:265/50R20