創刊90年の文芸誌『文學界』電子雑誌版の配信を開始! 9月号は8月17日より配信を開始

写真拡大

文學界』電子版の配信を開始します。電子版初号となる9月号(紙雑誌版は8月7日発売)の配信開始日は8月17日です。

『文學界』は、1933年(昭和8年)創刊の月刊文芸誌であり、おもに純文学作品を掲載しています。同誌で発表された作品が芥川賞受賞にいたるケースも多く、近年では滝口悠生氏「死んでいない者」、柴崎友香氏「春の庭」、又吉直樹氏「火花」、村田沙耶香氏「コンビニ人間」、高橋弘希氏「送り火」、李琴峰氏「彼岸花が咲く島」などが例として挙げられます。

 1955年に始まった、同誌が公募する「文學界新人賞」は、「太陽の季節」で第1回受賞者となった石原慎太郎氏をはじめ、城山三郎氏、松浦理英子氏、吉田修一氏、長嶋有氏、絲山秋子氏、円城塔氏らのデビューの舞台となってきました。本年7月に第169回芥川賞を受賞した市川沙央氏の「ハンチバック」も、第128回文學界新人賞受賞作です。

 また、同誌は毎号ごとの特集が注目を集めることも多く、昨年9月号(「声と文学」特集)、同11月号(「JAZZ×文学ふたたび」特集)などは完売御礼をアナウンスしました。

 創刊90年を迎えた『文學界』をより幅広い読者の方々の手に届けるべく、電子雑誌版の配信を開始いたします。

『文學界』編集長・浅井茉莉子のコメント

この度芥川賞を受賞された市川沙央さんは、記者会見で「全ての人が自由に本を読める環境『読書バリアフリー』を進めてほしい」と提言されました。偶然ではありますが、このタイミングで『文學界』電子版の配信をスタートできることを嬉しく思います。

電子版を通じて、より様々な環境で、多くの小説や作家との出会いが生まれることを願います。雑誌をめくるように、電子版も眺めていただければ幸いです。

■文學界9月号 目次より抜粋

【特集】エッセイが読みたい

エッセイについてのエッセイ

植本一子/小山田浩子/オルタナ旧市街/済東鉄腸/ジェーン・スー/鈴木涼美/檀上遼/永井玲衣 /能町みね子/野崎歓/野村訓市/平岡直子/穂村弘/堀静香/堀江栞/堀江敏幸/町田康/松尾スズキ/山本精一/吉澤嘉代子/吉田靖直/米澤穂信/わかしょ文庫

文学フリマ・ルポ 高瀬隼子/大前粟生

論考 柿内正午/宮崎智之

新芥川賞作家特別エッセイ 市川沙央 前世の記憶

【創作】
筒井康隆 山号寺号 / 川上弘美 蜃気楼の牛
井戸川射子 市場 / 仙田学 その子はたち
(短期集中連載)小林エリカ 風船爆弾フォリーズ

ほか、連載作品も多数掲載

■書誌情報

書名:『文學界9月号』
価格:1100円(※電子書店によって異なる場合があります)
配信開始日:8月17日(木)より

※今後は、紙雑誌版の発売より数日内での電子版配信を予定しています。

主要販売電子書店:Kindleストア、Apple Books、楽天Kobo、ReaderStore、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto他、電子書籍を販売している主要書店

■関連URL

文學界公式Twitter https://twitter.com/Bungakukai

文藝春秋電子書籍編集部公式Twitter https://twitter.com/bun_den