冷麺にしても絶品。漬け汁も美味しい「水キムチ」を夏の常備菜に|キッチンにひと工夫

写真拡大 (全6枚)

料理家の松本日奈さんが、キッチンにまつわるあれこれをつづる連載「キッチンにひと工夫」。今回は、舌も体も喜ぶ「水キムチ」のつくり方をご紹介します。

韓国の発酵食がこんなに簡単につくれる!

水キムチってご存じですか? 韓国料理ではおなじみの、辛味のないキムチのこと。透き通ったスープが特徴で、韓国冷麺のスープの素としても親しまれています。驚くほど簡単で漬け時間も短く、誰でもチャレンジできる手軽さがいいところ。しっかり冷やして、毎日いただきたい発酵食品です。

水キムチ

野菜はもちろん、漬け汁が本当に美味しいので、残さず召し上がってくださいね。冷麺のスープにしたり、冷や汁や酸辣湯にアレンジしたりするのもおすすめです。<材料(つくりやすい分量)> ・玉ねぎ…1/2個 ・きゅうり…2本 ・しょうが…1片 ・にんにく…1個 ・砂糖…小さじ1 ・塩…小さじ1 ・水…400cc<つくり方>1. ファスナー付きビニール袋に水と塩、砂糖を入れる(ボウルの中でビニール袋のファスナーを開いて材料を入れると簡単にできる)。2. 玉ねぎは5亳さにスライスし、きゅうりは輪切りにする。しょうがは細切り、にんにくは薄切りにする。3. 材料すべてを1のファスナー付きビニール袋に入れ、砂糖と塩を溶かすように揉む。ファスナーをしっかりと閉じて常温で1〜2日置き、小さな泡が出て発酵してきたら食べごろ。<ポイント>常温で発酵させたら、冷蔵庫で保存して1週間を目安に食べ切りましょう。    きゅうりや玉ねぎのほか、大根やプチトマト、人参、みょうがなど、いろんな素材でつくることができますよ。唐辛子を入れると少し辛味とすっきり感が足されます。また今回、砂糖はきび糖を使っているので漬け汁が薄い茶色をしていますが、上白糖を使うと透明になります。昨今の発酵ブーム、おうちでこんなに手軽に発酵食品がつくれるのは嬉しいですよね。暑い毎日に、ぜひ取り入れてみてください。

おつまみにも! 火を使わない超簡単レシピ「豆腐とトマトのオイルサラダ」

アツアツごはんにも冷たい麺にも合う! 晩酌クリエイター直伝「揚げなすと豚バラの煮びたし」