Francfrancと100円均一のトースト皿を両方使ってみたよ。どっちもいいけど、アレがね…

写真拡大 (全20枚)

Francfranc(フランフラン)で見つけたトーストプレートを食卓に取り入れたら、朝食が華やかに! とっても気に入っています。でも、購入後に似たような商品を100円均一でも発見。値段の差は、約7倍。どんな違いがあるのか、はたまた違いはないのか、比較してみました。

トースト専用のお皿!?

Francfranc(フランフラン)「ロゴ トーストプレート グリーン」1,400円(税込)トーストプレートは、焼いたパンのサクサク感を保てるお皿です。トースターから出したパンをのせるだけではなく、お皿にパンをのせてそのままオーブンに入れて焼くこともできます。Francfrancのトーストプレートは、約20cm×17cmのサイズで、食パン1枚がのるくらいの大きさ。両脇に四角い形に取っ手がついていて、手書き風のロゴが飾られています。重さは478gと少し重いかな、くらい。カラーはグリーンのほか、アイボリー・オレンジ・グレーがありました。特徴は、表面に凹凸が施されていること!この凹凸によって、トーストから出る蒸気がパンに触れにくくなり、サクサクの食感が保てるのだとか。裏面にもFrancfrancのロゴが入っています。つづいて、100円均一で発見した220円(税込)のトーストプレート。サイズは約18.5cm×18.5cmで、Francfrancより少しだけ大きい正方形。こちらには取っ手がなく、水蒸気を逃がすための凹凸は格子状についています。こちらは530gとFrancfrancより約50g重いつくり。持ったときにもずっしりと重さを感じます。カラーはブラウンのほか、ほぼ白に近いアイボリーが販売されていました。ちなみにどちらの皿も電子レンジ・オーブン・トースターに対応しており、食洗機もOKです!

トーストを焼いて徹底比較!

値段の差を除けば「デザインの違いかな?」という印象のトーストプレート2種。何が違うのか気になったので、トーストで比較をしてみました。まずは、比較検証のために焼いた食パンを両方のプレートに、ほぼ同時にのせます。このまま3分ほど放置して、裏面の水蒸気やパンのサクサク具合をチェック!まずはfrancfrancですが、皿にはたっぷり水蒸気が……。でも、パンの表面はサクサクなままで、触れるとカリカリと音がするほど。しっかりと水蒸気を逃しているのがわかりました。つづいて100円均一の皿ですが、こちらにも水蒸気がたっぷり!パンもサクサク。しっかりと水蒸気が抜けています。どちらも優秀!……と思ったのですが、使い続けるうちに違いがわかってきました。

取っ手のおかげで使いやすさアップ

シンク上の吊り戸棚に食器をしまっているのですが、100円均一の方は重いからか、取り出すときに滑り落ちそうで怖いなと感じました。一方Francfrancは、取っ手があるおかげで食器棚から出すときもスムーズ!直接オーブンに入れてパンを焼くときに、手が動かしにくいミトンでも問題なく持てました。ちょっとの違いですが、使う頻度はなんとなくFrancfrancが高め。ただ、明確な違いはほぼないので、好みや価格で選んでしまってもいいかも!

トーストだけではなく、揚げ物皿としても便利!

真ん中に卵をのせた「ラピュタパン」を作ってみました。皿があるおかげで、オーブン皿やトースターの網に卵が落ちる心配がありません。パンくずが散らばらないので、後片付けが楽なのもうれしい!「水蒸気が逃げやすい」という特性を活かして、揚げ物皿にするのもオススメです。衣がベシャッとするのが防げて、サクッと感が続きますよ!

ぬって焼くだけで食パンが「フレンチトースト」に変身!

「冷凍アレンジトースト」は、朝&昼ごはんの救世主だよ