fromis_9(P)&(C) PLEDIS Entertainment

韓国のグループfromis_9(プロミスナイン)が6月5日、fromis_9初のフルアルバム「Unlock My World」を記念して韓国でメディアショーケースを開催した。併せて1st Album「Unlock My World」のタイトル曲「#menow」のミュージックビデオが公開された。

【動画】公開されたfromis_9「#menow」MV

韓国のグループfromis_9(プロミスナイン)。SEVENTEENと同じく、BTS、 TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN、NewJeansなどのグローバルアーティストを多数輩出しているレーベルを擁するHYBEの傘下にあるPLEDIS Entertainmentに在籍している。6月5日にfromis_9初のフルアルバム「Unlock My World」を記念して韓国でメディアショーケースを開催した。

6月5日14時fromis_9メンバーがステージに登場し、メディアショーケースは会場に訪れた記者たちに向けたフォトセッションからスタート。カーキをベースにした個性的な衣装で、親指と小指を立てたシグネチャーポーズなど様々なポーズを披露し全員がビジュアルセンターとも言われる美貌をアピールした。

今作は昨年6月にリリースし、韓国音楽番組5冠を達成したMini Album「from our Memento Box」以来約1年ぶり、そして再び夏の季節のカムバックということでMZ世代憧れでありサマークイーンの新作に期待が高まっていた。そんな1st Album「Unlock My World」についてROH JISUNは「'自分の世界のアンロック(unlock)'して、より広い世界に進むというメッセージを込めています。理想的な姿を捨て、正直で堂々とした「本当の自分」の姿で世界と向き合う、という私たちの勇気と意志を込めたアルバムです。」と説明し、続いてタイトル曲「#menow」については「歌詞の中で(全部私よ、このままでいい)』という歌詞があり、自信を示しています。」と語った。

6月1日にTikTokでサプライズ公開されて大きな反響があった振り付けについて、SONG HAYOUNGとLEE CHAEYOUNGは完全に自分に集中する姿を見せるために、目を閉じて両手でウェーブを作るというポイントダンスと、続いて、シグネチャーポーズにもなっている親指と小指を立てた”UNLOCK”ダンスを披露。 その後、会場にミュージックビデオが先行公開され、そのまま「#menow」をパフォーマンス。メンバーの繊細なボーカルと洗練されたコンテンポラリーなリズムが重厚に調和し耳に残るメロディー、額から膝まで順番に指差していく柔らかな振り付けとUNLOCKダンスが印象的な楽曲となっている。

メンバーがステージへ戻ると、アルバムでそれぞれが作詞や作曲にも参加している4曲のユニット曲についてLEE SEOYEON は「メンバーも作詞作曲に参加しながら、様々なジャンルにチャレンジしながら多彩な音楽をお届けしようと本当にたくさん努力しました。四季のように様々な雰囲気と感性を感じることができると思いますので、ユニット曲もたくさん期待してください。」と意気込みを語った。心地よいメロディーでイージーリスニングができる名曲が揃うと定評のあるfromis_9なだけに、メンバーが語る収録曲10曲での新しいチャレンジに注目したい。

続く質疑応答では、日本の記者からの質問にも回答。昨年リリースした前作Mini Albumのタイトル曲「Stay This Way」と「#menow」の違いと、初めて聴いた時の感想を聞かれると、BAEK JIHEONは「2曲とも夏のカムバックアルバムのタイトル曲という共通点があります。Stay This Wayは夏の軽快な雰囲気を盛り込んだサマーソングで、一方#menowを初めて聴いた時、より繊細なメロディーに『自分』というテーマを盛り込んでいます。#menowは軽快なだけのサマーソングではなく、より繊細なメロディの中に自分の話を取り上げたところが違うと思います。」と答えた。

また、今作では初めてfromis_9の作品にHYBEの統括プロデューサー パン・シヒョク氏が携わったことも話題となっていたが、楽曲の感想を聞かれるとLEE NAGYUNは「シヒョクさんが今回のアルバム7曲目の「Bring It On」という曲をプレゼントしてくれました。最初に聴いたとき、私たちのやったことのない雰囲気だったので、素敵な表現ができるように努力しました。」と話し、ROH JISUNは「いつもと違うスタイルですが、私たちの幅を広げられる、上手く表現できるスタイルだと思い、さらに頑張りました。多くの応援をお願いします。」と笑顔でアピール。

現地にいる記者からの質問も受け付け、今回のアルバム制作を通してチームワークが強くなったと感じるエピソードを聞かれるとPARK JIWONは「MV撮影で道路を疾走するシーンを思い出します。笑い声をあげて楽しんで撮影に臨んだことでチームワークを感じました。」BAEK JIHEONは「ご飯を一緒に食べたり、会話の場をたくさん設けました。練習をしながら今回のアルバムをどんな表現をしたらいいのか表情や歌詞など会話をたくさん交わし、さらに1段階アップグレードしたチームになったと思います」と答えた。

ユニット曲の組み合わせは「声やビジュアルを見た時に、曲のコンセプトに合うメンバーを選んだ」とし、またfromis_9の強みを「メンバー8人のカラーがそれぞれ違うが、それが1つになった時のシナジーや、歌詞の世界が目の前に広がると言ってもらえることが強みだと思います。」とLEE CHAEYOUNGが回答。

MV撮影エピソードを聞かれると、SONG HAYOUNGは「踊るシーンがあったが、明け方までダンスの練習をして撮影した映像を見たときに、思った以上に満足しました。いろんなことに挑戦できる自分に成長したと思います。」LEE NAGYUNGは「最後のシーンを見ると、家の中で踊りながら楽しむシーンがあるが、ダンスバトルをやってみたらどうか?と監督から提案もありやってみたらすごく楽しかったことを思い出しました。」と仲の良さが伝わるエピソードを披露。

また、キャリアハイを更新した前作の成績が今回プレッシャーになっていないかと聞かれると、LEE SAEROMは「前作で素晴らしい成果をあげることができて感謝しています。プレッシャーもありますが1st Albumも責任感を持って準備しました。私たちは自身と野望を持っているので一生懸命活動して、いい結果がついてくることを期待しています」と自信を見せた。

最後にLEE SAEROMから「すべての花は咲く時期が違いますが、fromis_9の花が咲くのは今だと思います。1stAlbum「Unlock My World」に心血をこめて準備しました。私たちの率直な気持ちと、新しいドアを開いて前に進むという気持ちが多くの方に届くことを願っています。」と挨拶し、メディアショーケースは幕を閉じた。1st Album「Unlock My World」タイトル曲「#menow」のミュージックビデオ公開

6月5日18:00にHYBE LABELSのオフィシャルYouTubeチャンネルでfromis_9 1st Album「Unlock My World」のタイトル曲「#menow」のミュージックビデオが公開された。

“自分の世界のアンロック(unlock)”してより広い世界に進む、理想的な姿を捨て、正直で堂々とした「本当の自分」の姿で世界と向き合う勇気と意志がアルバムを通して込められており、「#menow」ミュージックビデオでもブラック×ゴールドのドレス姿でステージに立つfromis_9と、自分に求められる理想の姿と向き合って物思いに耽る表情のメンバーの対比が描かれている。理想の姿から抜け出すように道路を疾走し、全て含めて本当の自分の姿だと受け入れた心情を、飾らないパジャマ姿や大空を飛んでいく飛行機で表現されている。

サビの振り付けは完全に自分に集中する姿を見せるために目を閉じ 、シグネチャーポーズの鍵を上下180°回転させて自分の世界の鍵を回す”UNLOCKダンス”を見せてから両手でウェーブを作るダンスとなっている。