クラディングがつきタイヤのハイトが上がったことで、ボクサーのように引き締まったスタイルのウラカン ステラート(写真:Automobili Lamborghini SpA)

ランボルギーニが送り出した「ウラカン ステラート」なる、クロスオーバースーパースポーツに試乗した。乗って驚いたこのクルマ、一言で表現すると、「万能選手」だ。

ウラカン ステラートは、2022年11月30日にアメリカ・フロリダ州マイアミビーチで開催された「アートバーゼル」でデビュー。「ウラカン」の派生モデルで、2023年2月に生産が開始された。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

V10エンジンと全輪駆動システム、それに電子制御ダンパーを備え、車高はベースの「ウラカンEVO」よりもアップしている。車体各所にクラディングなどを設けた外観が、強く目を引くが、一見すると“順列組合せ”的なデザインだ。

ランボルギーニは、2024年中には“全車ハイブリッド化”を宣言している。しかし、このウラカン ステラートは、純ガソリン車だ。今のうちに、目を引くモデルで「マルチシリンダー車を売り切ってしまおう」ということだろうか。

そんなふうに思って臨んだのが、アメリカ・カリフォルニア州パームスプリングスで5月中旬に行われた試乗会。乗ってみると、いやビックリ。全方位的によくできている。

サーキット+オフロードのテストコースで

ランボルギーニが用意してくれたテストコースは、チャクワラバリー・レースウェイというサーキット。パームスプリングスの空港から、1時間ぐらいのドライブだ。

ユニークなのは、そのコース。鏡のような表面のサーキットと、ボコボコゴツゴツの砂のオフロードとが組み合わせてある。


「スポーツ性を解釈し直し、新しい楽しみを生み出した」とランボルギーニ。写真の車両の「63」はランボルギー設立の1963年から(写真:Automobili Lamborghini SpA)


グラベル路面も駆動システムと専用タイヤのおかげでまったく不安がない(写真:Automobili Lamborghini SpA)

パームスプリングスをご存じの方がどれだけいるかわからないけれど、言ってみれば“砂漠の中の人工都市”だ。

オールドマネーというらしいが、20世紀初頭にウインターリゾートとして整備が始まった同地には、俳優や歌手や富裕層が移り住んだり避寒の別荘を建てたりしている。筆者は初めてこの地を訪ねたが、市街地を走っていると「Bob Hope」なんて通りがあるのに驚いた。

「ここは、ウラカン ステラートのテストにうってつけの場所です」。ランボルギーニで車両開発の総責任者を務めたロウベン・モア氏は、サーキットでそう語った。そして、「あらゆる路面を走り回れるように開発されたのが、ウラカン・ステラートだから」と説明が続く。

パワートレインは、449kW(610ps)の最高出力と560Nmの最大トルクをもつ5204ccのV型10気筒に、全輪駆動システムの組み合わせ。ドライブモードは「ストラーダ(一般道)」「スポーツ」、加えてウラカン ステラートでは「ラリー」が新設されている。


インテリアは基本的にウラカンの“おなじみ”のもの。「パイロットのような気分で」というコクピットコンセプトも継承(写真:Automobili Lamborghini SpA)


「アニマ」というドライブモードセレクターには「ラリー」が新設された(写真:Automobili Lamborghini SpA)

ラリーモードを選択すると、アクセルペダルの踏み込みに対してトルクの出方がゆるやかになる印象。またこのモードでは、トルク配分がより前後均等に近くなる。スポーツモードだと後輪駆動に近く、前輪へのトルク配分はかなり限られるが、ラリーモードでは「前40:後60」まで前輪の駆動力を高めるそうだ。

「とにかくアクセルを踏んでいけ」

車高は、ベースになった「ウラカンEVO」より44mm持ち上げてあり、サスペンションアームのストロークを伸ばした結果、ホイールベースもわずかながら(9mm)延長された。タイヤは、ブリヂストンがこのクルマのために専用開発した「Dueler AT002」で、19インチのホイールと組み合わせてあり、扁平率は40%。


タイヤはフロント235/40R19、リア285/40R19の専用開発(写真:Automobili Lamborghini SpA)

一般的な感覚からすれば、40%という扁平率はかなりペッタンコな印象だが、ウラカンEVOは30%だし、今どきのスーパースポーツとしては高めである。「バルーンタイヤ」というランボルギーニの表現はややおおげさだけれど、悪路用にサイドウォールも強化されていて、「オンもオフもそのまま走れるのが特徴」と説明された。

なるほど、チャクワラバリー・レースウェイの専用テストコースを走ってみると、エンジニアの狙いがよくわかった。なにしろ、パドックを出発して、そのままコーナーをいくつかこなすと、途中からコースを逸れて、サーキット脇の未舗装路面に作った即席のオフロードへと突入するのだから。


ラリークロスをイメージさせる補助灯も特徴的。ルーフ上にはエアスクープもつく(写真:Automobili Lamborghini SpA)

サーキットのコーナーをスムーズに駆け抜けたあと、気分が昂揚したままオフロードに入っていくのは「ちょっとアブナイんじゃないか……」と思ったのだが、むしろ「それでいいんですよ」と言われた。

土と小石からなる道。いたるところがうねり、45度ぐらいに曲がっていくコーナーが何カ所も設けてある。そこに突っ込んでいくように走るのだ。

「1つ覚えておいてほしいのは、とにかくアクセルを踏んでいけ、ということです」。エンジニアから何度もそう言われていたので、アクセルペダルを強く踏み込むと、後輪がグリップを失って、リアがざっと流れだす。

一瞬のドリフトを楽しんだあと、ごくわずかにアクセルペダルをゆるめると、即座にグリップは回復した。

小石の上で、実にきれいにスラロームしながら、走っていくことができる。しかも、カウンターステアを当てたほうがいいような場面でも、クルマにまかせておけば、瞬時に姿勢を立て直してくれる。

「ちょっとちょっと、今運転しているのはウラカンですよね」と言いたくなるほどの身のこなしだ。ドライバーズシートでステアリングを握っていると、思わず笑顔になっているのに気がつく。


テレメトリで自分の運転が分析できる、またフロントカメラと連動したドライブレコーダーで走行中の録画も可能(写真:Automobili Lamborghini SpA)

高いコントロール性を実現しているのは、駆動力をおもに制御するLDVI(Lamborghini Integrated Vehicle Dynamics)、それにトルクベクタリング・バイ・ブレーキのおかげだ。

「後輪操舵システムはありません。テストしてみましたが、かえって動きがトリッキーに感じられるので、ナチュラルな運転性を重視して搭載をとりやめました」。先のモア氏はそう説明してくれた。

「万能選手」である根拠

ウラカンオーナーにクリニック(調査)を行ったところ、約9割の人のが「ステラートがベストなウラカンだ」と言ったんだそう。その外観からは予想もつかないが、乗ってみれば納得だ。

チャクワラバリー・レースウェイのあとは、ワインディングロードが“延々と”という感じで続くジョシュアツリー国立公園を抜け、フリーウェイを含む一般道へ。

200マイルほど離れたホテルまで走ったときも、スーパースポーツの気難しさはまったく感じられなかった。ハンドリングは驚くほど安定していて、快適の一言だ。


シャープな印象が強くなる「Blu Grifo」。車体色の選択肢は、350を超える(写真:Automobili Lamborghini SpA)

そもそもウラカンは、全方位的によくできているクルマだけれど、ステラートなら道路の穴ボコもすっと通過してしまえるし、途中で砂地の道があったとしても、スタックせずに走って行ける。これが冒頭で、「万能選手」といったワケ。

「ステラートとは、イタリア語で砂利(英語だとグラベル)の意味です。このクルマの開発に着手したのは、2017年。プロジェクトが始まるとき、私の頭のなかには、理想的なモデルがありました」。モア氏は、開発の背景を語る。

「私のイメージの中にあったのは、昔のラリーマシンです。今のスーパースポーツはどれもみな同じ方向を向いているから、違ったベクトルで運転を楽しめるようにしたい、と思いました」

具体的にはどんなクルマがイメージにあったのか。そう尋ねると、モア氏、わが意を得たりとばかりに、目を輝かせた。

「私がインスパイアされたのは、ランチア『ストラトス』(1973年)。そのあとの世界ラリー選手権のグループB(1982〜1986年)のラリーカーも、大好きでした」


伝説のラリーカー、ランチア「ストラトス」(写真:Stellantis)

ランチア「デルタS4」、ポルシェ「959」、アウディ「クワトロ」、プジョー「205ターボ16」、フォード「RS200」……といった車種名が、ずらずらと出てくる。

「私は自分で三菱『ランサー エボリューション此戞1999年発表)を走らせて楽しんでいます。ボディコントロール性において、ピカイチです。エボ擦砲覆襪半萢兌崚になりすぎて(笑)」

要するに、モア氏の頭のなかにあったのはラリークロス競技(ダートと舗装路ともに走るレース)で戦闘力を発揮するマシン、ということだろう。

もっとも”今っぽい”スーパースポーツの楽しみかたではないか、という提案がウラカン・ステラートとして具体的な形になったのだ。

誰もがラリードライバーになれるクルマ

ウラカン ステラートは、砂ぼこりをエンジンルームに吸い込まないように車体側面のエアインテークを塞ぎ、ルーフ後端にエアスクープを設けている。一方で、「氷上でもすばらしい性能を発揮します」とモア氏はつけ加える。


チャクワラバリー・レースウェイにて、ロウベン・モアCTO(写真:Automobili Lamborghini SpA)

「開発中は、ランボルギーニがスウェーデンに持っている氷上テストコースにも出かけました。まるで、ハンヌ・ミッコラになった気分で楽しめましたよ。誰でもミッコラになれます」

とにかく、熱い情熱で作られたクルマ。それがランボルギーニ ウラカン ステラートなのだ。そうなれば気になるのは、日本で買えるかどうかだろう。

日本での価格は3116万5367円というのが、本社からの情報だ。ただし、世界限定1499台は「ほぼ売り切れ」だそうだ。この希少な万能選手を手にできる人が、実にうらやましい。

<ランボルギーニ ウラカン ステラート>
全長×全幅×全高:4525 mm ×1956mm×1248mm
ホイールベース:2620mm
車重:1470kg
エンジン:5204cc V型10気筒 
最高出力:449kW/8000rpm
最大トルク:560Nm/655555500rpm
変速機:7速DCT
駆動方式:フルタイム4輪駆動
価格:3116万5367円

(小川 フミオ : モータージャーナリスト)