青木政憲容疑者が立てこもった家屋(左上の黒い屋根)と、警察官らが襲われたとみられる現場(右下)=2023年5月26日午後0時46分、長野県中野市、朝日新聞社ヘリから、岩下毅撮影

写真拡大

 長野県中野市で25日夕に発生した立てこもり事件にからみ、銃を発砲して警察官を殺害したとして逮捕された青木政憲容疑者(31)=同市江部=が散弾銃など計4丁の銃について所持の許可を得ていたことがわかった。

 県警が26日に開いた記者会見で明らかにした。4丁のうち1丁が事件に使われたとみている。

 県警によると、4丁は散弾銃2丁と空気銃1丁など。いずれも県公安委員会から許可を受けており、狩猟などのために使う目的だったとみられるという。許可申請にあたっては医師から精神疾患などがないという診断書を提出していたという。

 発表によると、青木容疑者は25日午後4時半過ぎ、同市江部で「男が女性を刺した」などとする110番通報を受けて駆けつけた、中野署地域課の池内卓夫巡査部長(61)に向けて持っていた猟銃のような銃を発砲して弾丸を胸に命中させ、殺害した疑いがある。

 事件では、このほかにも警察官1人を含む男女3人が死亡しており、県警は青木容疑者がいずれにも関与した疑いがあるとみて、経緯を詳しく聴いている。