スウェーデン産サスペンス『ザ・ハンター』、6月12日(月)日本初放送

写真拡大

北欧から世界へ拡大中の配信サービス「Viaplay」で好評を博した、スウェーデン産サスペンス『ザ・ハンター』が、6月12日(月)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる。

【関連記事】『バミューダ・トライアングル 呪われた海域』5月23日(火)より日本初放送

王道北欧サスペンスはもちろん、クライム、スパイ、ダーク・コメディなどViaplayが誇る多彩なジャンルのドラマを日本独占でお届けしているWOWOW。6月に日本初放送となる『ザ・ハンター』は、元警察官の主人公が真相究明に向かう中で正義とは何かが問いただされる。

キャスト情報

主人公エーリクを演じるのは、ドラマ『インベスティゲーション』やマッツ・ミケルセンと共演した映画『アフター・ウェディング』などで知られるロルフ・ラッスゴード。脇を固めるのは、ヨハン・マレニウス・ノールダル(『Gåsmamman(原題)』)、アニカ・ノディン(『捜査官カタリーナ・フス』)、カロリン・ヨハンソン・クフムネン(『BOX 21』)、ヨハネス・クンケ(『ザ・レイン』)ら。

『ザ・ハンター』あらすじ

スウェーデンの首都ストックホルムで警察官をしていたエーリクは退職後、故郷ノールランド地方に戻る。鉱物採掘会社を経営するマルクスは南アフリカの企業と大きな投資計画を始めていて、町をよみがえらせるべく奔走していた。そんなマルクスは環境保護活動家らしき人物に襲われ、自身に迫る危険を感じていた。エーリクはマルクスから依頼を受け、彼を警護するようになるが、マルクスが実は殺人犯ではないかと疑い出す。

マルクスに殺人疑惑があると明らかにすることは、町の再生をつぶすことになる…。悩んだエーリクだったが真相究明へと動き出す。一方、エーリクを尊敬するそのおいで見習い警察官のペーテルは、捜査を手伝うかどうか心が揺れる。やがてエーリクに殺人容疑が掛かり、ペーテルは激しく動揺。果たして一連の事件は暴かれるのだろうか、それとも?

放送情報

Viaplayセレクション
北欧サスペンス『ザ・ハンター』
6月12日(月)スタート(全6話)[第1話無料放送]

(海外ドラマNAVI)