一般道だけでなく、高速道路でも実力を試した。エコカーのつもりで、アクセルを踏み込むと、一瞬で制限速度に達してしまう

写真拡大 (全7枚)


一般道だけでなく、高速道路でも実力を試した。エコカーのつもりで、アクセルを踏み込むと、一瞬で制限速度に達してしまう

昨年8月に日本市場に導入されて話題を集めているのが、ルノーがF1で培った技術をブチ込み、独自開発したというハイブリッドモデルだ。てなわけで、公道でその実力と魅力に迫ってきた!

【写真】ルノー「キャプチャー」の細部

* * *

■初代は世界累計170万台以上

昨年、仏ルノーは日本市場で過去最高となる8615台を販売! その中で最も売れたモデルはコンパクトSUVのキャプチャー。2655台を売ったという。

キャプチャーの現行モデルは2代目で、2019年にデビューした。初代は世界累計170万台以上を誇る怪物SUVだ。もちろん、2代目も大人気で、欧州では2020年にSUV販売台数トップをマークするなど、ルノーの屋台骨を支えるドル箱モデルである。

ちなみにキャプチャーはBセグメントと呼ばれるカテゴリーに属する。このセグメントはチョー激戦区。果たして人気の秘密はどこにある?


ルノー キャプチャー E-TECHフルハイブリッド 価格:389万円〜 走行モードは3種類あるが、推しはスポーツモード。もともとキビキビした走りだが、さらに男心を刺激する

今回試乗したのは、昨年8月に日本市場に導入されたキャプチャーE-TECHフルハイブリッド。ルノーが誇るHEV(ハイブリッド)である。付け加えると、欧州ブランドは、MHV(マイルドハイブリッド)は増えてきているが、現在、HEVを用意しているのはルノーだけだ。

ルノーはディーゼルエンジンに代わる存在がHEVだと考えている。環境規制で、ディーゼル車から乗り換えるのに、EVだと価格やインフラがネックになる。しかし、HEVならディーゼル車からの乗り換えもスムーズ。そういう考えでルノーはHEVを用意している。

要するにEV全振りではなく、ルノーは全方位戦略を敷いているわけだ。


ボディは全長4230弌濮管1795弌濮換1590弌ホイールベースは2640弌F本にピッタリのサイズ感

さて、実車を見た率直な感想は、とにかく見た目がいい! 昨今だとルッキズムの権化と言われかねない感想かもしれないが、キャプチャーが売れる要因のひとつはこの見た目だ。上品かつ洗練された外観は、ライバルを大きくリードするストロングポイントと言える。

そんなキャプチャーの骨格は日仏3社連合製の「CMF-Bプラットフォーム」が採用され、先代の骨格より50圓曚彪變眠修気譴討い襦この骨格の採用により剛性は飛躍的に向上し、滑らかな乗り心地や正確なハンドリングを実現したという。


パワーユニットは1.6リットル直4エンジン、ふたつのモーター、そしてドッグクラッチマルチモードATで構成される

では、このルノー独自開発の1.6リットル直4エンジンとモーターを組み合わせたHEVの走りはどうか? 実際に走行してみると、スタートは100%EVモード。つまり、モーター走行である。アクセルを踏み、速度を高めるとエンジンが始動する仕組みだが、可能な限りエンジンを使わない味つけとなっていた。

ルノーによればガソリン車と比較すると、このEVモードにより、最大40%の燃費低減が期待できるという。


メーターは10.2インチのフルデジタル。ダッシュボード中央には7インチのマルチメディアシステムが鎮座する

もちろん、アクセルペダルを踏み込めばエンジンは一気に覚醒するが、EVからハイブリッド走行へのバトンタッチは実にスムーズ。

加えてF1の技術がフィードバックされているATということもあり、スポーティに走れてしまう。エコカーの感覚でアクセルを踏むと、そのパワフルさに驚く。室内の静粛性も高く、滑らかでシームレスな乗り心地を実現している。


荷室容量は5名乗車時で440リットル。サスはフロントがマクファーソンストラット式、リアはトーション・ビーム式

サスはしなやかで高速道路の荒れた路面も上手にいなす。上質というか高級感さえある。ワインディングを走っても、変なクセがないニュートラルなハンドリングと、高いボディ剛性が相まって、クルマとの一体感を楽しめる。

車両重量は1.3リットルのガソリンターボモデルよりも110埆鼎、1420圓箸覆辰討い襪、燃費は約34%優れ、WLTCモードで22.8辧織螢奪肇襪鮗存修靴討い襦

価格は389万円スタート。同じBセグメントの国産車と比較すると、正直言って値は張る。だが、おフランス製のしゃれた見た目と、F1由来の技術がブチ込まれたHEVは魅力的。人と違うHEVが欲しい人は要チェック!

取材・文/週プレ自動車班 撮影/望月浩彦