広瀬すずのハマり役だった作品ランキング!ちはやふる、海街diary、チア☆ダン、1位は?

写真拡大 (全3枚)

女性ファッション誌『Seventeen』の専属モデルとして芸能活動を始め、2013年に女優デビューした広瀬すず。その後は数々のドラマや映画で主演を務めており、2023年6月には主演映画『水は海に向かって流れる』の公開を控えています。
そこで今回は、広瀬すずのハマり役だと思う作品はどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
2位 海街diary
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』!


全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校チアリーダー部の実話を映画化。中学時代からの同級生を応援したいと高校のチアリーダー部に入った主人公の少女、友永ひかり(広瀬すず)が、顧問の厳しい指導に耐えながら、チームメートの玉置彩乃(中条あやみ)をはじめとする部の仲間たちと共に全米大会制覇を目指して奮闘する姿が描かれる。

劇場公開日:2017年3月11日

2位は『海街diary』!


吉田秋生の同名人気漫画を是枝裕和監督で実写映画化。鎌倉に暮らす3人の姉妹(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)が、15年前に家族を捨てた父親の葬儀で腹違いの妹・すず(広瀬すず)に出会い、共に暮らしながら次第に家族として絆を深めていく姿が描かれる。作品は「第39回 日本アカデミー賞」で最優秀作品賞をはじめ4冠に輝き、広瀬すずも新人俳優賞を受賞した。

劇場公開日:2015年6月13日

1位は『ちはやふる』シリーズ!


競技かるたに情熱を注ぐ高校生を主人公にした同名人気漫画を実写映画化。家庭の事情で遠くへ引っ越してしまった幼なじみの綿谷新(真剣佑 ※現名義・新田真剣佑)に競技かるたを教わった少女、綾瀬千早(広瀬すず)が、高校で競技かるた部を自ら立ち上げ、幼なじみの一人である真島太一(野村周平)をはじめとする仲間たちと共に全国大会出場を目指す姿が描かれる。

劇場公開日:2016年3月19日(上の句)、2016年4月29日(下の句)、2018年3月17日(結び)

2016年〜2018年にかけて3作品が製作された漫画原作の映画シリーズが1位に輝いた今回のランキング。気になる4位〜33位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが広瀬すずのハマり役だと思う作品は、何位にランク・インしていましたか?

写真:タレントデータバンク
(広瀬 すず|1998/6/19生まれ|女性|AB型|静岡県出身)

調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20〜40代男女:複数回答)
調査期間:2023年5月10日〜2023年5月10日