2023年5月19日(金)~5月21日(日)までの3日間、下田で第84回黒船祭が行われます。幕末に下田に訪れた黒船にちなんだイベントですが、その内容が面白い!他では見られない幕末情緒とアメリカンがミックスした個性的なイベントをかいつまんで紹介しましょう。

写真:「下田条約調印」の再現劇より

黒船祭ではコミカルな下田条約調印再現劇や海上花火大会が楽しめる

明治維新への幕末の歩みは、1853年の浦賀への黒船ことペリー提督率いる米国海軍の来航から始まったといってもいいでしょう。その翌年の1854年、再び来航したペリーは浦賀の後、下田に寄港、そこで下田条約が調印されたのです。

下田市最大のイベント「黒船祭」は黒船(ペリー艦隊)乗組員の墓所で行われる米海軍主催の墓前祭に始まり、海上花火大会や、日米の公式パレード、「下田条約調印」の再現劇などなど、どれも興味をそそられるイベントばかりです!

写真:海上スターマインは必見!

今年は、19日(金)の20:15~20:40に開催される海上花火大会では、4か所の打ち上げ場所から間断なく花火打ち上げが続きます。ラスト5分は大迫力のエンディング。特に海上スターマインは必見です。

必見の「下田条約調印」の再現劇は約40分間のコミカルな劇。これは昭和24年から現在に到るまで、変わらず開催されているもの。下田条約が結ばれるまでの日本とアメリカの外交交渉と、下田での日米交流の様子を再現しているのだそうです。

歴史的な大事件ですが、コミカルな再現劇を通して見れば楽しめそうですね!

写真:再現劇のコミカルなワンシーン

開国市では幕末の雰囲気が楽しめて、幕末コスプレも!

そしてオモシロイベント盛りだくさんなのが、3日間を通して商店街で行われる「開国市」です。

街には時代衣装を着た人たちが幕末の雰囲気を醸し出していて、まるで幕末にタイムスリップしたような感覚を楽しめます。

事前予約不要で大正・昭和時代の着物をレンタルできるそうなので、着物に着替えて黒船祭を楽しむのもいいですね!着物は100名分が用意されていて、スタッフの方が着付けをしてくれます。料金は1日1人で1,000円、自分の着物を持参すると500円で着付けもしてもらえますよ。

写真:下田の情緒ある町並みをパレードが練り歩く

他にも、黒船・幕末・そして下田の魅力を満載したさまざまなイベントが開催されますので詳しくはHPを見て下さいね。参加型のアトラクションも多いので、あなたも完全になりきって楽しんでくださいね。

また、下田条約調印の舞台「了仙寺」ではジャスミンの花もそろそろ見頃ですよ。

写真:了仙寺を出発するパレード

下田温泉も楽しめる

蓮台寺温泉、河内温泉、白浜温泉、観音温泉などの総称である下田温泉。やさしい単純温泉が楽しめます。

旧市街のレトロな雰囲気と海沿いの南国リゾート地の様な雰囲気、川のせせらぎを楽しむ日本旅館からビーチに臨むリゾートホテルと、観光も宿泊もバリエーション豊かに楽しめるのが魅力ですね!

5月は開国パワー炸裂の下田を満喫しましょう。

(まとめ・文:mashiro 情報更新:hotspring727 2023年5月)

The post 静岡/伊豆・下田温泉「黒船祭」5/19~21開催!下田条約調印再現劇は必見!「開国市」を着物で散策 first appeared on おんせんニュース.

オリジナルサイトで読む