門真市は、令和5年5月1日(月)から、門真市公民連携デスク地域課題解決支援実施事業の企画提案の募集を開始した。
これは、民間事業者より、市が設定した課題に対する事業提案(実証実験)を募集し、採択された事業については、最大50万円の交付金を市が交付するというもの。

令和4年10月1日(土)に公民連携デスクを設置した門真市は、今後、市内外問わず民間事業者のノウハウ・リソースを積極的に活用したい意向を示しており、今回はその第一歩の事業となる。

4月17日(月)に「ららぽーと門真」が開業し、その他駅前の再開発や生涯学習複合施設の整備が計画され、今後のまちの変化に注目が集まる中、市担当者は、「これまでにない発想やアイデアで地域課題・行政課題の解決を図りたいと思っています。門真市が今後どんどん活性化していくためにお力を貸していただきたい。自由なご提案をお待ちしております。」と話している。

令和5年度 門真市公民連携デスク地域課題解決支援実施事業

門真市HP:https://www.city.kadoma.osaka.jp/soshiki/kikakuzaisei/2/4/kyosou/23191.html

■概要

市が設定する課題の解決につながる実証実験の提案を募集し、選定委員会(612()開催)で採択された事業に対し、最大50万円の交付金(事業遂行に直接的にかかる経費の10/10)を交付します。実証実験の結果、効果の高いものについては次年度以降の予算化を検討します。

※応募資格等を設定しておりますので、応募に際しては募集要項をご確認ください。

※募集要項・提出書類(指定様式あり)は市HP(上記URL)よりダウンロードできます。

※申請団体においては、612日(月)に開催する選定委員会に出席し、提案内容に関するプレゼンテーションの実施が必要となります。

 

■募集する課題(課題の詳細はHPよりご確認ください)

課題番号テーマ
1 “ものづくりの未来”を担う人材獲得に向けた取組みについて
2 子どもの貧困対策及びフードロス削減に向けた
ロジスティクス支援について
3 〜英語教育を子どもにとって魅力ある取組みに〜

「英語教育×ALT×海外派遣事業」

 

■スケジュール

令和5年5月1日(月)提案書の募集開始
6月1日(木)提案書の募集締切
6月12日(月)選定委員会開催(審査・選定)
6月下旬選定委員会の通知・公表

(以降、選定事業者による事業の遂行)

令和6年3月頃実績報告(成果発表)

 

■提出書類

ヾ覿氾概要書兼誓約書(様式第1号)

企画提案書(様式第2号)

M歴事項全部証明書(コンソーシアムで申請の場合は、構成員分全て)

せ温融駑繊瞥夕絢由)

 

■応募方法

提出書類を6月1日(木)1730分まで(必着)に提出

(持参or郵送orメール)

【持参】

門真市企画財政部企画課 宛(門真市役所本館3階/平日9時〜1730分)

【郵送】

571-8585 門真市中町1番1号 門真市役所企画課 宛

(封筒に「門真市公民連携デスク地域課題解決支援実施事業申請書在中」と記載)

【メール】

kik01@city.kadoma.osaka.jp 宛

(件名を「門真市公民連携デスク地域課題解決支援実施事業申請」として送信)

(図)事業スケジュール

■問合せ先

門真市企画財政部企画課 公民連携デスク担当

571-8585 門真市中町1番1号

TEL:06-6902-5572

E-mail:kik01@city.kadoma.osaka.jp

The post 【門真市】課題設定型の公民連携支援事業 民間事業者からの事業提案の募集開始! first appeared on OSAKA KOUMIN NEWS.