仕事は絶好調なのに51歳で独身の大久保佳代子が「寂しい時はとことん寂しい」と本音を告白。その一方、簡単には恋愛に踏み切れない葛藤を明かした。

【動画】大久保佳代子とカップル成立したアスリート

 3月29日(水)、テレビ朝日とABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『恋するアテンダー』」#18が放送。この番組は、芸能界に幅広い人脈を持ち、人と人とをつなげることに喜びを見出す「アテンダー」が、恋人がほしそうな男女にピッタリの恋人候補を紹介する芸能人マッチングバラエティ。立会人は小籔千豊とYOU。

 大久保は仕事が絶好調な反面、プライベートでは浮いた話がほぼナシ。「寂しい時はとことん寂しい。51ですけど、まだ盛り上がる時もあります、モロモロが」「ただ、どこかで『面倒くさい恋愛は嫌だ』という思いも。葛藤はしています」「一歩踏み出せない」と赤裸々に明かした。大久保の過去の交際人数は5人、恋人いない歴は5年だそう。今回出会いたいお相手の条件に「何か一つに秀でている人」とリスペクトできるかどうかを挙げた。

 そんな大久保に男性をアテンドするのは、バッドナイス常田とみひろのアテンドに成功したタレント・武井壮。もともと大久保と交流のある武井は大久保の人柄を考慮し、「肉体的にも優位に立てるオス」と人選のポイントを説明。48歳の現役競輪選手・松崎貴久さんを紹介した。

 大久保は松崎さんの爽やかな雰囲気にトキメキの表情。武井は「トップクラスのアスリート」「フィジカルも仕上がっている」と松崎さんを猛プッシュした。2ショットトークでは松崎さんの自己肯定感が低すぎるという意外な一面が明らかになったが、大久保は「角度を変えたら面白いです」「おもしろ物件」と前向きにOK。マッチング成立となった。