「別府八湯温泉まつり(べっぷはっとうおんせんまつり)」は、おんせん県・大分の別府市で毎年4月1日の温泉感謝の日と4月第1週の週末を中心にイベントが開催される、豊かな温泉の恵みに感謝するお祭り。

第109回を迎える今年は2023年4月1日(土)~3日(月)に開催決定!2023年3月31日(金)には前夜祭が開催されます。

写真:扇山の山肌に燃える火と夜桜の対比が素晴らしい扇山火祭り。扇山は別府から見て西側なので晴れれば夕焼けも

第109回(!)と伝統ある別府八湯温泉まつりは、無料温泉開放でおなじみですね。毎年4月1日の温泉感謝の日と4月第1週の週末を中心にイベントが開催されていた、別府八湯の豊かな温泉の恵みに感謝するお祭りです。

今年も残念ながら温泉の無料開放は中止となってしまいましたが、温泉まつりの目玉企画「湯ぶっかけまつり」は4月2日(日)に開催される予定となっています。

お神輿に温泉をぶっかける本イベントは、みんなで神輿に温泉をかける観客参加型のイベントとして大好評!

写真:お湯ぶっかけまつり!(以前開催の様子)

桜の花咲く別府で、湯の花も咲く温泉まつり、心踊りますね!

がんばれジモ泉!!エールふろジェクト

さて、そんな心躍る「別府温泉まつり」ですが、今年は『がんばれジモ泉!!エールふろジェクト』と題した参加型のイベントが開催されます。

写真:鉄輪温泉の海地獄

温泉に感謝するお祭りだからこそ、地元の温泉を大切にし、後世に伝え残していくための温泉まつりと別府八湯温泉道の特別企画です。

「別府八湯温泉まつり」といえば『温泉無料開放』でしたが、本当の意味で温泉に感謝するということで入浴料を払い、マナーを守り、そして地元の人たちとの温かい交流の場を一緒に守りましょう!というイベントになっています。

申込期間は2023年3月31日(金)6時30分~4月3日(月)16時00分まで、申込場所はJR 別府駅 熊八広場温の泉まつり案内所、参加料は3,000円(入湯料、スタンプ台紙、入湯手形含む)です。

参加は先着150名、温泉道と同様に対象の32施設に入湯し、温泉まつり専用のスタンプ台紙に押印、すべての対象施設に入湯すると「ANA インターコンチネンタル別府リゾート&スパ」の宿泊券が当たる抽選会に参加できます。

そのほか詳しい参加方法、参加特典などが気になる方は、別府八湯温泉まつりの公式ホームページをチェックしてくださいね。

(まとめ・文:さこ、情報更新:hotspring727 2023年3月)

The post 大分・別府温泉「別府八湯温泉まつり」豊富な湯量と多彩な泉質の恵みに感謝する春の風物詩。 first appeared on おんせんニュース.

オリジナルサイトで読む