小2に進級、トラブル続き…新担任とのコミュニケーション方法はどうする?【ママリ】

写真拡大 (全10枚)

子どもが小学生にあがると、なかなか普段の様子が見えず心配な思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。幼稚園や保育園のときと違い、こまめな担任とのやりとりもなくなり、不安を覚える人もいるかもしれません。今回ご紹介する作品はマミヤ(@mamiyang83)さんのインスタグラムの連載漫画。子どもの小学校でのトラブルに親はどう対応すべきなのか、考えさせられるエピソードです。『2年生の担任が叱る時に「1年生にかえりなさい!」と言う方でした』をご紹介します。

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

進級した娘。果たしてどんなに2年生となるのか…

マミヤさんの娘しぇーちゃんは、自閉スペクトラム症があります。そのため学習上・生活上の困難を克服するために、少人数学級(支援級)に通っています。同時に、通常級に通う子と一緒に学習をする交流級にも通っています。

しぇーちゃんは2年生になりました。果たしてしぇーちゃんの2年生はどのような生活になるのでしょうか。

どうしてこうなったのかを一緒に考える姿勢

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

しぇーちゃんは2年生になって早々、支援級でも交流級でも友だちとのトラブルを抱えて帰ってきました。友だち同士のトラブルはどこまで親が関与するべきか判断が難しいですよね。

マミヤさんは、冷静に相手の気持ちをしぇーちゃんと一緒に考えようとします。友だちは、なぜそんなことを言ったのか、どのような気持ちだったのかを丁寧に考え共有する姿が印象的です。

子どもが学校で嫌なことがあったときは、まずは本人の気持ちを受け止め、それからゆっくりとどうすべいだったのかを一緒に考えることができたらよいですね。

連絡帳でのやりとりは意外と大変…

©mamiyang83

マミヤさんはしぇーちゃんと友だちのトラブルを連絡帳で相談することにしたようです。口頭での相談と違い、連絡帳でのやりとりはまとめ方も難しく誤解なく伝わるか心配ですよね。また、子どもが学校から帰ってくるまで先生からの返信が読めないため、このタイムラグにやきもきすることもあります。

連絡帳でのやりとりに難しさを感じるときは、担任と面談の約束をしたり、電話で相談をしたりしてみるのもよいかもしれません。

わが子の負担が少しでも減り、学校へ行くことが楽しくなるような環境作りを、親と学校が一緒に取り組めることが望ましいですね。学校側で対応が難しい場合は、各自治体でさまざまな支援の取り組みもありますので利用するのもいいですね。

記事作成: ゆずプー

(配信元: ママリ