頼りになるイケオジ=おむつの一部?育児母による妄想を漫画にしてみた【ママリ】

写真拡大 (全6枚)

子育てに欠かせない育児用品。毎日、必ず使うものやたまにしか使わないものなど、アイテムによって使用頻度はさまざまです。今回、筆者・コハダ(@cheeemum)の育児用品擬人化シリーズに登場するおじ様は、その中でも特に毎日活躍するあのアイテム。大変な子育てを力強くサポートしてくれる頼れる「彼」ですが、わが子には過酷な仕打ちを受けがちでもあります…。

©cheeemum

©cheeemum

©cheeemum

©cheeemum

©cheeemum

容赦なく引き伸ばされるオジサマの正体は、使用したおむつを丸めるときに活躍する「おむつテープ」でした!絶対になくてはならない存在なのに、使用前にわが子にむしり取られていることも。おうちにストックしてある、おむつ全てのテープを取り除かれた…というママ友の話も聞いたことがあります。一体どれほどの犠牲が出たのか…。ママのメンタルにも地味にダメージを与えてくるできごとです。

おむつテープを自分ではがせるほど、手先が器用になったことも、テープをそれだけ引っ張る力がついてきたことも、どちらもとてもうれしい成長。でも、犠牲になる彼(テープ)には、とても申し訳ない気持ちがわいてくる…。おむつ交換のたびに、そんな情景が頭をよぎるのでした。

記事作成: cheeemum

(配信元: ママリ