「こっちは悪くないわ」子どもを危険にさらした作業員にあぜん|公園でお弁当を食べていただけなのに【ママリ】

写真拡大 (全12枚)

リコロコ(ricoroco.2019)さんが、公園で子どもたちとお弁当を食べていると近くを芝刈り機が通りました。子どもたちはけがなく無事だったものの、楽しみにしていたお弁当は台無しに…。怒りに震えたリコロコさんが作業員の男性に話をすると、思いもよらぬ返答が…。『公園でお弁当を食べていただけなのに』第7、8話です。ごらんください。

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

公園で、子どもたちとお弁当を食べながら楽しい時間を過ごしていただけなのに。お弁当を台無しにされただけでなく、危うく子どもがけがをしたかもしれないのに…。

リコロコさんが勇気を振り絞って作業員の男性たちに伝えたものの、返ってきた言葉は謝罪でもなく「仕事してるだけだから、仕方ない」の一言。リコロコさんは自分に非があったのかと考え込んでしまいました。子どもが危険な目にあったのに、納得できない思いがあるのではないでしょうか。

公共の場でも子どもの安全には十分気を付けて

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

©ricoroco.2019

著者・リコロコさんによる『公園でお弁当を食べていただけなのに』では、リコロコさん親子が遭遇した公園内での危険なできごとについて描かれています。公園に子どもたちがいるにも関わらず、注意を払うこともなく芝刈り機を稼働させはじめた作業員。芝刈り機は刃物で、子どもが立ち入れる場所で稼働させるのはとても危険です。

作品内では、リコロコさんの周囲で作業員が芝刈り機を動かし、危険を感じたことや、パパに相談したのち、清掃業者からの謝罪を受けたことが描かれています。事態が解決したのちにリコロコさんが振り返っているのは、芝刈り機の稼働を見つけた時点でお弁当をたたんで移動し、安全を確保すればよかったということ。今回の件では作業員の作業手順に問題があったものの、リコロコさん親子に非がなくてもケガのリスクはあります。危険に気づいた時点でまず身を守ることが大切だったと感じたそうです。

公共の場で身の安全を確保するには、作中でパパがおこなったように自治体を通じて清掃業者に問い合わせる手があります。今回はたまたま誰もけがはありませんでしたが、今後同じような状況になった際にけが人が出てしまう可能性があります。しっかり対処をしてもらうためにも必要な行動かもしれませんね。

公共の場で起きたトラブルと、それに対する対処法についてとても参考になるお話でした。身の回りで恐怖を感じるできごとがあったら、まず身の安全を確保、その次にしかるべき場所への問い合わせをおこなうと良いでしょう。子連れのお出かけの際の参考にしてくださいね。

記事作成: ママリ編集部

(配信元: ママリ