いわゆる「袴田事件」の発生から57年。袴田巌さん(87)を支え続けた姉のひで子さん(90)は喜びを爆発させていました。歓喜に沸いた浜松市中区の袴田さんの自宅前から中継の様子です。

<野田栞里記者>

20日もいつも通りに過ごしているという袴田さんですが、東京高検の特別抗告断念の一報を電話で受けた支援者が、午後4時ごろに日課のドライブから帰って来た袴田さんに抱き着くシーンもありました。そして、20日夕方、姉・ひで子さんが自宅前で報道の取材に応じ、心中を語りました。

<袴田ひで子さん>

「57年間、60年近くになったが、本当にこんなにうれしいことはない。57年も吹っ飛びました。再審開始になったからって、裁判終わったわけではないから。これからが正念場」

ひで子さんは「うれしい、ありがとう」と何度も何度も繰り返していました。