新たにau携帯電話サービスのイメージキャラクターに起用が決まった俳優の速水もこみちさん(撮影:吉川忠行)

写真拡大 (全2枚)

KDDI<9433>と沖縄セルラー電話<9436>は28日、 「番号ポータビリティ制度」(MNP)の開始に備え、auの携帯端末の新ラインナップ12機種を発表した。9月上旬から順次発売する。

 MNPは番号を変えないで携帯電話の契約事業者を変更できるサービスで、10月24日にスタートする。KDDIと沖縄セルラーは同サービスの開始を前に、9月1日から「新規加入仮予約サービス」を開始して他社からの“乗り換え”を促す方針で、今回発売の12機種をそのための戦略的商品と位置づけている。

 新ラインナップでは、ヤマハ<7951>の協力で、“音楽のau”をより明確に示した。端末ごとのイヤホンやスピーカーに合わせてチューニングを実施し、原音に近い音の再現を目指した。ヤマハの音源チップに搭載されている帯域拡張技術「DBEX」を活用し、圧縮で失われた音を補完して元の音に近い音に聞こえるよう工夫した。

 また、合わせて8つの新サービスも発表。100Mbyteのデータを保存し、携帯とパソコンから閲覧できる個人ポータルサイト「au My Page」や、同一の無線チャンネルから多数の端末に一斉配信できる「BCMCS」を利用した動画配信サービス「EZチャンネルプラス」「EZニュースフラッシュ」などを提供するという。

 東京都千代田区の帝国ホテルで開いた新製品発表会で、KDDIの小野寺正社長は「MNPは顧客数を伸ばす大きなチャンス。仮予約サービスが始まる9月1日が、KDDIにとってのMNP競争のスタートの日といえる」と意気込みを話した。

 同発表会には、新たにau携帯電話サービスのイメージキャラクターに起用が決まった俳優の速水もこみちさんも出席し、auの音楽サービスに期待感を示した。速水さんは現在auの携帯電話を使っておらず、MNP開始を機にキャリアの変更をしたいという。すでにauの広告塔として活躍している仲間由紀恵さんとも、9月以降CMなどで共演する予定だ。【了】

■関連記事
MNP、10月24日受け付け開始(8/9)
音楽のau 仲間由紀恵も応援(1/19)