「アジアンごはん 油淋鶏」を試す

写真拡大

 マクドナルドのアジアンフェア「アジアのジューシー」の一環として、2月8日から夜マック限定で「アジアンごはん 油淋鶏」が登場した。ジューシーなチキンパティと油淋鶏ソースを、新開発のアジアンごはんバンズでサンドしたごはんバーガーだ。アジアンごはんバンズは、100%国産米を使用し、香味油を効かせてアジア風の味つけにアレンジ。ボリューミーなチキンパティが油淋鶏ソースと合わさって、食べごたえたっぷりの1品となっている。アジアの旨みを、夜限定で堪能できる新商品だ。

●香ばしいごはんバーガーが食欲をそそる

 アジアンごはん 油淋鶏のパッケージは、上部を切り取ると袋状にできる工夫がされていた。食べて分かったが、アジアンごはんバンズが崩れやすく、ソースがたっぷりで溢れやすいことへの配慮だろう。

 早速開けてみると、熱々のごはんバーガーが登場。アジアンごはんバンズは、香味油を効かせて味付けされており、チャーハンのような香ばしい見た目だ。中には、油淋鶏ソース、マヨネーズ、レタス、チキンパティ、油淋鶏ソースの順に、たっぷりの具材が入っている。チキンパティがボリューミーで、食欲をそそる。

●油淋鶏ソースがやみつきになる味わい!

 アジアンごはん 油淋鶏を一口食べてみると、チキンパティと油淋鶏ソースの旨みが広がった。鶏ムネ肉を使用しているが、パサパサ感は一切なく、ジューシーな仕上がりだ。衣は分厚くサクサクしていて、食感が楽しい。

 醤油とごま油がベースの油淋鶏ソースは、香味野菜と果汁を使用しており、深みのある味わいだ。果汁のおかげで、チキンパティの油っこさをやわらげている。ソースだけでは少々しょっぱいが、マヨネーズが合わさることで、まろやかで食べやすい仕上がりになっている。

 香味油が効いたアジアンごはんバンズは、味が濃すぎないため、チキンパティと油淋鶏ソースの旨みを邪魔しない。

 全体的に、サクサクジューシーなチキンパティが食べごたえ抜群で、満足感たっぷり。ただ、パッケージを綺麗に袋状にして食べないと、バンズとソースがこぼれてしまう点には要注意だ。

●「アジアンごはん 油淋鶏」でアジアのジューシーな旨みを堪能!

 アジアンごはん 油淋鶏は、ボリューミーなチキンパティと、やみつきになる油淋鶏ソース、香ばしいアジアンごはんバンズの相性が抜群だ。チキンパティのサクサク感とジューシー感が特に印象的だった。パンよりご飯派であれば、ぜひ食べてほしい。

 販売期間は、2月8日〜3月上旬(予定)、夜マック限定で楽しめる。1日頑張ったごほうびに、アジアのジューシーな旨みをたっぷり堪能してはいかがだろうか。(ライター・小谷美乃里)