TBS NEWS DIG Powered by JNN

写真拡大

麻雀のオンラインゲームに負けたことに腹を立て、ゲーム会社にホームページから「殺しに行く」などとメッセージを送り、業務を妨害したとして、警視庁は日本大学の男子学生を書類送検しました。

日本大学の20代の男子学生は去年5月、オンラインの麻雀アプリを運営するゲーム会社「Yostar」のホームページから「お前ら殺しに行く」や「死ね死ね死ね」などとメッセージを送り、社員の帰宅を早めさせるなど、業務を妨害した疑いがもたれています。

男子大学生は事情聴取に対し、「“負け”がこんでいてゲームの設定がおかしいと思いイライラして書き込んだ」と容疑を認めているということで、警視庁は余罪を調べています。

ゲームの運営会社は「同様の書き込みや電話があれば警察と連携しながら対応していきたい」とコメントしています。