茨城県在住の94歳YouTuber・最強ばあちゃんが出演する『最強ばあちゃんときどき玄孫』。このチャンネルでは子ども5人、孫7人、ひ孫5人、玄孫3人を持つ最強ばあちゃんの日々の生活の様子を配信している。

【画像】90歳差! ひ孫や玄孫に囲まれたおばあちゃんを見る

 90歳以上歳の離れた玄孫(やしゃご・孫の孫)と最強ばあちゃんのやり取りが話題となり、チャンネル開設から1年足らずで総再生回数は700万回を超えている。

 そんな最強ばあちゃんとチャンネルを運営するひ孫のゆいさん(24)とわたるさん(19)に、チャンネル開設をしたきっかけやYouTuberになって変化したこと、5世代大家族のリアルについて話を聞いた。(全2回の1回目/後編を読む)


左からひ孫のわたるさん(19)、ひ孫のゆいさん(24)、最強ばあちゃん(94)、玄孫3人

◆◆◆

最初はホームビデオみたいな感じでカメラを回し始めた

ーー93歳でYouTuberデビュー。なぜ始めようと思ったのでしょうか?

最強ばあちゃん ひ孫たちが勝手にビデオを回し始めたんです(笑)。私はただいつも通り生活しているだけなんだけど、それをひ孫が横で撮って編集して動画を配信して。

ゆい(ひ孫) 最初はホームビデオみたいな感じでカメラを回し始めました。ばあちゃんも歳だし、玄孫もまだ小さいので、いつか玄孫たちがばあちゃんとの思い出を動画で見ることができたらいいなと思って。それと90歳を過ぎても畑仕事や料理をして、自立して暮らすばあちゃんのことを多くの人に見てほしいというのもあり、YouTube投稿を始めました。

わたる(ひ孫) でも、正直こんなに見られるとは思わなかったです。ただの日常なので面白い部分もそんなにないかなと思ったら、じわじわと話題になって反響も大きくて。

ーー開設当初、一緒に料理をする90歳近く離れた玄孫と最強ばあちゃんのやり取りが「微笑ましい」と話題になっていましたね。

最強ばあちゃん まさか玄孫に会えるなんて思っていなかったからね。ひ孫まではあるかもしれないけど、孫の孫なんて、ねえ。かわいくてかわいくてしょうがないですよ。

 家族5世代もいるものだから赤ちゃんはたくさん見てきたけど、毎回新鮮でとても嬉しい気持ちになります。昔、私の長男を生後数ヶ月で亡くした経験があるので、無事にみんなが育ってくれるのが本当に嬉しいんです。長生きしてよかった。

わたる ばあちゃんは今でも玄孫たちの子守をしてくれます。みんなのために毎日ご飯を作ってくれたりもして。ばあちゃんは誰かのためにやってあげたいという気持ちが人一倍強いんです。

 お祝い事やお盆、お正月には必ずお金をくれます。もういいよ、と言うんですが気持ちだからと必ず用意してくれて。

お年玉やお祝いに10万円以上かかることも…

最強ばあちゃん 元気に毎日暮らしているのは周りにたくさん家族がいるからなんです。人生に張りが出る。今日はひ孫のためにあれを作ろうとか、玄孫にお菓子を買ってあげようとか。畑をやっているのもみんなに食べてほしいというのが理由で。それにいい運動にもなりますから。

ーー孫7人、ひ孫5人、玄孫3人だと、お祝いやお年玉などの出費が大変そうですが。

最強ばあちゃん それはもう大変ですよ。結婚したとか、出産したとか、来年にはひ孫が成人になるから、(お祝い金が)1万円ってことにはいかないでしょう。お年玉やお祝いで年に10万円以上かかることもあります。

 だから年金を上手に貯めてやりくりしています。大変な時もありますが、子どもの成長を祝うことができるのは嬉しいものですよ。それに畑も500坪くらいあるからそこで年中野菜を作って、自給自足の生活です。そうすれば孫たちにあげるお金くらいは残りますからね。

動画を見ながらご飯を食べている高齢の方も

ーーYouTubeを始めて変わったことはありますか。

最強ばあちゃん 変わったことはあまりないですね。それでも、画面(テレビ)いっぱいに私の姿が映し出された時はびっくりしました。自分の姿をYouTubeでみて喜んでくれたり、温かいコメントをくださる視聴者がたくさんいることへの嬉しさで胸がいっぱいですね。

 この取材の前にもラジオに出演してきたんです。94歳でラジオに出るなんて思ってもなかったから、YouTubeを始めるきっかけをくれたひ孫には感謝しています。

ゆい 結構若い方も見てくれているみたいです。「亡くなったおばあちゃんを思い出す」というコメントもよくいただきます。最近はばあちゃんの手料理を真似してくれる人も多いみたいです。ばあちゃんは自己流で分量なども適当なんですが、何を食べてもめちゃくちゃ美味しいんですよ。

わたる 僕たちの動画を見ながらご飯を食べています、とコメントをくださる高齢の方もいます。家族と離れて暮らしていて寂しいけど、動画を見ながら食事をすることで一緒に食べている気分になれるみたいです。

初めて玄孫と対面した時の気持ち

ーー家族5世代というのはなかなかいらっしゃらないと思いますが、初めて玄孫さんと対面した時はどういうお気持ちでしたか。

最強ばあちゃん 私の歳だと孫はもう50歳を超えているんですよね。ひ孫だと上の子は30歳近く。そうすると玄孫も生まれるわけで。でも正直みんな一緒です。全員「孫」という感じ。全員かわいい。いくつになっても孫はかわいいんです。

わたる ばあちゃんは家族全員の名前と顔を覚えていますよ。コロナ禍前はお正月にみんなで集まっていたんですけど、全員揃うと30人くらいになるんです。それぞれにお年玉をあげるからすごい金額だよね。

ゆい でも、ばあちゃんは嬉しいみたいです。みんなの喜ぶ顔を見るのが生きがいだってよく言っています。

最強ばあちゃん そんなに大金はあげません。小学生は3000円、中学生は5000円、高校生以上は1万円。大学を卒業するまであげています。

ーーずばり家族5世代の良さを挙げるとするならばなんでしょうか。

最強ばあちゃん 毎日近所に誰かしらいるというのがいいですね。同じ敷地内にみんなの家が建っているので、誰かしら絶対にいるんです。

ゆい 私たちが小学生の頃はそれが嬉しかったですね。親が仕事でいない時でも、誰かしらは近所にいるので。昔の子育てって感じですよね。小さい頃はみんなに面倒をみてもらいました。

わたる 僕が生まれた時、ばあちゃんは70歳を超えてたけど、それを感じさせないくらいバリバリに動いてくれて、一緒に新聞紙を丸めて剣を作って遊んでいたんです。僕もばあちゃんにはたくさん育ててもらった気がしますね。

写真=三宅史郎/文藝春秋

家族が集まると30人以上、部屋に入りきらない…玄孫3人を持つ大家族YouTuber(94)が語る、今後の目標「100歳まで生きたい。そして来孫も…」 へ続く

(「文春オンライン」編集部)