1-1

写真拡大 (全3枚)

私、山村サキは37歳のママ。年長男児、小4女児を育てながらIT企業にてフルタイムで働いています。

ある週の金曜日、里見くんがやってきました。私たちの部署では新人になりますが、新卒ではなく、入社4年目とのこと。

ひととおりの挨拶が終わった後、上司から里見くんの教育係をお願いされました。若い男性なんてほぼ接点がないので、どう扱っていいのかもよくわかりません。返事をためらってしまったのですが、上司にどうしてもと頼み込まれ、しぶしぶ受け入れました。

見た目は好青年。素直そうでやる気もある。でも何か違和感を覚えてしまうのは、気のせいなのでしょうか。それとも数々の修羅場も乗り越えてきた女として、母としての直感が何かを訴えているのでしょうか。一抹の不安を抱えながら、私と里見くんとの日々がはじまったのでした。

……いや、はじまってしまったのです。

【第2話】へ続く。

原案・編集部 脚本・rollingdell 作画・りますけ 編集・荻野実紀子