ギュッだ!
 - (C) 2022「ファミリア」製作委員会

写真拡大

 役所広司が主演を務める映画『ファミリア』(2023年1月6日公開)より、吉沢亮演じる学が婚約者のナディアと仲睦まじく過ごす姿を捉えた4枚の場面写真が公開された。

 本作は、山里に暮らす陶器職人の父の誠治(役所)と海外で活躍する息子の学(吉沢)、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコスという3人の関係を軸に、家族について描いたヒューマンドラマ。『いのちの停車場』などの成島出が監督を務める。

 公開された場面写真には、学がナディアをギュッと抱きしめたり、手をつないだり、バックハグしたりと、婚約者とのアツアツな様子が収められている。本作のテーマである家族について、吉沢は「家族にはいろんな形があると思います。“帰る場所”であり、そこに受け入れてくれる人たちがいるという安心感みたいなものが、“家族”なのかなと漠然とですがそう感じます」と語っている。(今井優)