LGエレクトロニクス・ジャパンは12月1日、リモコン操作で曲率を調整できる有機ELテレビ「LE OLED Flex」を発表。同日から予約受付を開始し、2023年1月18日に発売します。

平面から900Rまで20段階で曲率を調整可能な“自由に曲げられるテレビ”。画面サイズは42V型。ゲームをプレイするために没入感を楽しむ際は画面に近づいて900Rで、離れた場所から家族や友人と一緒に観る際には平面でと、観る距離や設置場所、コンテンツに合わせて最適な曲率で視聴できるのが特徴です。段階的に調節するだけでなく、プリセットした3種類の曲率に調整することも可能。

曲面にすることでユーザーの位置から画面の中心と端の視差を縮めることができるため、ユーザーの目の負担を軽減できます。

視聴環境や姿勢に合わせて、140mmの高さ調整、前10°〜後5°のチルト角調整にも対応します。

LG独自の映像エンジン「α9 Gen5 AI Processor 4K」を搭載。HDから4KへのAIアップスケーリング、映像ジャンルやシーンに合わせた最適化、映像1フレームを5000ゾーンに分割して各ゾーンで色を最適化する“ダイナミックトーンマッピングプロ”、検出したオブジェクトを前景か背景か区別してシャープネスやコントラストを調整するオブジェクト型リアルタイム処理、肌の色調を色域から除外して色を鮮やかに調整する“ダイナミックビビッド”といった技術で、映像の美しさや鮮やかさを実現します。

合計20Wのフロントスピーカーと20Wウーファーを搭載。AIによるサウンドチューニング、バーチャル7.1chサウンド、外部のBluetoothスピーカーを追加した際のオーディオエンハンスメントといった機能により、立体的な音響を楽しむことができます。

ゲームに向けた機能の充実も大きな特徴。全画面の表示と21:9の表示に対応する他、RTSなど画面全体を一目で把握したジャンル向けに32インチ、27インチの表示も選択できます。

画面サイズなど映像やサウンドを設定する、ゲームに特化したダッシュボードを搭載します。

有機ELの採用により、0.1msの高速応答を実現。HDMI 2.1対応のHDMIポートを4基搭載し、全ポートが4K@120Hzに対応します。可変リフレッシュレート(VRR)や低遅延に自動で切り替えるALLMに対応し、表示エラーやズレのない滑らかなゲームプレイを実現。

さらに、ヘッドセットなしでボイスチャットができるエコーキャンセリングマイクの搭載、カラフルなLEDライト、Wi-Fi 6への対応、3基のUSBポートの接続を切り替えるスイッチングハブ機能など、ゲーミングモニターとして魅力ある仕様を盛り込んでいます。

ブラウザや各種のVODサービスに対応するwebOSを搭載。本体を振ってカーソルを操作できるマジックリモコンが付属します。クラウドゲーミング「GeForce NOW」のテレビ向けアプリを搭載し、ゲーム機やPCを接続しなくても1000タイトル以上のゲームがプレイできるのも魅力です。

想定実売価格は44万円前後(税込)。曲面ゲーミングモニターとテレビが1台で、しかも画面が自動で曲がるギミック付き……と考えると、価格相当の魅力ある製品と言えるのではないでしょうか。