アエロフロート・ロシア航空は、エアバスA320型機とエアバス321型機、ボーイング737型機で機内ストリーミングエンターテイメントシステムが一時的に利用不可になると発表した。

海外のサプライヤーがサービス提供を拒否したことによるもので、対象となるのは、個人所有の端末から機内Wi-Fiに接続して利用するシステム。同社はすでに、新しい国内向けシステムの構築に取り組んでおり、新年を迎えるまでには提供する予定だとしている。12月は機内でデジタルデトックスをすることを提案している。