骨折手術で鎮静剤投与、3年間意識戻らず 旧大阪市大学病院が発表

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 旧大阪市立大学病院が29日、2019年に手術を受けた男性について発表した
  • 腕の骨折の手術後に鎮静剤を投与され、一時心肺停止となったとのこと
  • 現在も意識が戻らず、医師らの経過観察が不十分だったことが原因という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

  • 総合
  • 国内
  • 政治
  • 海外
  • 経済
  • IT
  • スポーツ
  • 芸能
  • 女子
x