重度の脳障害がある男性、病死の前日に自宅売却 不当契約と遺族が訴え

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 重度の脳障害があった男性の遺族が不動産会社を訴えた裁判が始まった
  • 男性が亡くなる前日、自宅を売却する契約を不当に結ばされたとしている
  • 不動産会社は男性には「十分な判断力があった」などと反論している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

  • 総合
  • 国内
  • 政治
  • 海外
  • 経済
  • IT
  • スポーツ
  • 芸能
  • 女子
x