本田圭佑

写真拡大

 サッカー元日本代表・本田圭佑が24日、ツイッターを更新。話題を呼んでいるW杯解説での選手への「さん付け」について、言及した。

 「さん付けして笑われる意味がわからない」、「スポーツ界の無意味な縦社会はなくした方がいい。関係が深くない先輩に偉そうにされると、ん?誰?って思ってしまう。同じことをしたくないから『さん』を付ける」と、つぶやいた。

 本田は代表としてともに戦い、交流のある長友や吉田は「ユウト」、「マヤ」と呼び、それ以外の選手らには「三笘さん」、「伊東さん」など「さん付け」で呼んでいた。

 このこだわりにSNSでは「めっちゃいいと思います。好感度爆上がりです」、「すごく納得した」と、理解する声があがっていた。