CBC

写真拡大

名古屋市瑞穂区で、女子児童2人を車ではねて死傷させたとして、求刑を上回る禁錮5年の判決を受けた男が、判決を不服として控訴しました。

【写真を見る】 わき見運転で女子児童2人を車ではね死傷させ 求刑上回る禁錮5年の判決を受けた男が判決を不服として控訴 名古屋

起訴状によりますと名古屋市千種区の無職藤川幹人被告(52)はことし3月、瑞穂区でわき見運転をして赤信号の交差点に時速50キロで進入して2人をはね、9歳の女の子を死亡させ、10歳の女の子に大けがをさせた過失運転致死傷の罪に問われています。

裁判では検察側が禁固4年6か月を求刑し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めていました。

名古屋地裁は11月22日、「事故の結果が被害者らに与えた影響や、処罰感情の峻烈さが検察側の求刑に十分に反映されていると言えない」として、禁錮5年の判決を言い渡しました。

弁護側は24日、この判決を不服として控訴しました。