東急線の8駅、首都圏初となるマルチ決済端末搭載コインロッカーを設置

写真拡大

 東急は11月24日に、東急線の渋谷駅、自由が丘駅、宮前平駅、鷺沼駅、あざみ野駅、江田駅、市が尾駅、青葉台駅の8駅において、マルチ決済端末搭載のコインロッカーの使用を開始した。駅施設への同コインロッカーの設置は、首都圏の鉄道施設としては初の取り組みとなる。

 同コインロッカーは、アルファロッカーシステムのターミナルコインロッカー「AIS」シリーズに、エム・ピー・ソリューションが提供する新型マルチ決済端末「IM10」を取り付けたもので、電子マネー(交通系IC、WAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay)、非接触ICクレジット(VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clud、DISCOVER)、2次元コード(d払い、PayPay、楽天ペイ、au PAY、Alipay)を利用した決済に対応している。

 2022年度中に、今回の8駅に加えて新綱島駅(2023年3月開業予定)、奥沢駅への導入を予定するほか、2023年度も順次設置を進めていく。