大塚愛里さんのインスタグラム(_19970502)より

写真拡大

プロ野球選手からモラルハラスメントを受けたことを告発したYouTuberの「あいにょん」こと大塚愛里さん(25)が2022年11月22日夜から23日未明にかけて、当該選手への怒りをインスタグラムで吐露した。

「過度なモラハラ そして突然のしょうもない理由の別れ」

大塚さんは10月21日に更新したインスタグラムで、複数のプロ野球選手の個人名・アカウントを掲載した上で、「私の良心を踏み躙り、心を殺した、モラハラ男」「私を暗闇に落とし込んで私は毎日生き地獄」「謝罪の一言もなく、連絡の1つ、返ってこなかったです」などと告発した。

具体的な被害の内容は明かさなかったものの、大塚さんは「親密な人間からのモラハラと裏切りです」とし、当時の所属事務所の対応についても、「診断書まで見せても仕事をしろ。と、向き合ってくれたなかった」(原文ママ)とコメント。11月2日には、所属していた2つの事務所の退所を報告している。

20日には自身のYouTubeチャンネルで、うつ病の診断を受けてから3か月が経過したことを報告。その後も複数回にわたり、選手名を明かした上でSNSに選手とのトラブルについての投稿を行っている。

大塚さんは22日夜、缶チューハイを手にした自撮り写真に、選手への怒りをつづった画像をインスタグラムのストーリーズに投稿した。

「これで最後にしますね」と切り出した大塚さんは、「自分はいい、相手はダメ 過度なモラハラ そして突然のしょうもない理由の別れ バレなきゃいいと思ってた。と後から知る鬼畜さ もっともっと真摯に向き合ってれば 違う結果になってただろうね」と交際中のトラブルを示唆した。

「『俺のことをいつも気にかけてくれてありがとう。』そう綴ったことすら上っ面」

さらに「手紙晒したいぐらいだけど、『俺のことをいつも気にかけてくれてありがとう。』そう綴ったことすら上っ面だったんでしょう」と選手から手紙をもらっていたことを明かした。

また、「球団側が無視しろと指示してるみたいですが(中略)本人の気持ち。ここまで私をどん底に落とした背徳感があるのか。が、知りたいんです」と不満を伝えた。「朝まで酒飲んでないで出塁率あげてください」ともつづっている。

大塚さんは自身の容姿や性格を誹謗するような内容のダイレクトメールが来ていたことを明かし、「自分で言うのもなんですが顔小さい方です(笑)あ、あと性格も結構ちゃんとしてます 自己肯定感爆高なんですみません」とした。

また、USBメモリとみられるものを手にした自撮り画像に「私は人への信頼も失って 全部お前のせい」などとするコメントを添え、さらなる証拠の存在を示唆した。

「すみません、生粋の細かいA型なので ボイスメモもLINEも 泣きながら作った YouTubeに載せようと思った告発動画も ぜーーーんぶ USBにぶち込んでるから 女を裏切ると痛い目見るよってことと あんまりいうとあれか、抑えよ。。私の選んだ道で不幸のお裾分け」

一連の投稿は、「しつこく実現する大塚 傷つけて欲しくなかった。向き合って欲しかった。この言葉置いておきます」との投稿で締めくくられている。