『劇場版 呪術廻戦 0』Prime Videoにて独占配信が決定(C)2021 「劇場版 呪術廻戦 0 」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

写真拡大

 昨年12月24日に公開されたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』が、今年の12月24日よりPrime Videoで独占配信されることが決定した。12月24日は、作中の“百鬼夜行の決行日”で、劇場版の公開日ともなった、ファンにとって重要な日となる。

【写真】ひえっ…舌を出して挑発する鹿紫雲一 公開された『呪術廻戦』21巻の表紙

 本作は乙骨憂太を主人公にした『呪術廻戦』の前日譚であり、原作漫画の連載前に芥見下々氏が短期集中連載として描き下ろした「東京都立呪術高等専門学校」を映画化したもの。「0巻」として単行本化もされ、単巻コミックスとしては異例の大ヒットを記録するなど、ファンからの支持も非常に高いエピソードとなっている。

 公開43日間で興収100億円を突破し、最終的には国内興収138億円、国内動員984万人という記録を樹立した。

 国内のみならず海外でも熱い注目を集め、海外89の国と地域で公開。海外興行収入は127億を突破、さらに海外動員数は1067万人を記録し、北米では日本映画史上歴代4位の興収を樹立した。国内をあわせると、全世界興収が265億円、全世界動員累計2051万人を記録する大ヒット作品となっている。

『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。テレビアニメが2020年10月〜21年3月まで放送され人気を博し、原作漫画の累計発行部数は6500万部を突破。2023年にテレビアニメ第2期の放送が決まっている。