テレビ朝日「ザ・トラベルナース」番組サイトより

写真拡大

 今シーズンは医療ドラマが3本ある。玉森裕太(Kis-My-Ft2)が研修医を演じる「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」(日本テレビ)。吉沢亮が小児科医の「PICU 小児集中治療室」(フジテレビ)。そして、岡田将生と中井貴一が看護師という「ザ・トラベルナース」(テレビ朝日)。このうち「トラベルナース」が断トツの視聴率を稼いでいる(視聴率は、ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)。

 ***

【写真を見る】中井貴一の演じるキャラが独特 感情が高ぶると広島弁で罵倒する

「トラベルナース」の初回視聴率は11・9%と、今シーズンの新作ドラマではトップだった。その後も好調を維持し、11月17日の第5話は12・1%と上り調子だ。

テレビ朝日「ザ・トラベルナース」番組サイトより

 一方、「祈りのカルテ」は初回6・6%で、その後も5〜6%台のまま。「PICU」は初回10・3%だったが、21日放送の第7話では8・3%にまで落ちている。この差はなんなのか、民放プロデューサーが分析する。

「まず注目すべきは、『トラベルナース』がオリジナル脚本ということです。各局が人気のあるマンガや小説といった原作ものをドラマ化することに躍起となっている中、テレ朝は『相棒』同様、オリジナル作品にこだわっています」

「祈りのカルテ」は知念実希人のベストセラー小説が原作だ。原作ものは一定層のファンがいるため、数字が見込めると聞く。

「ところが、原作者や出版社とのしがらみが多く、制作にあたっては色々と気を遣わなければなりません。中には脚本にまで口を出す原作者がいるため、ドラマのプロデューサーは思うように制作できなくなるケースもあるのです」

 もっとも、「PICU」も倉光泰子によるオリジナル脚本だ。

「ドクターX」の副産物?

「『PICU』は連ドラでは初となる“子供のICU”を描いていますが、小児科医というテーマは決して目新しいものではありません。これまでの医療ドラマは、外科医、産婦人科医、救命救急医などの専門医、または『祈りのカルテ』のように研修医を主人公に設定したものが多かった。『トラベルナース』が“男性看護師”に焦点を当てたのは斬新だと思います」

 しかも、日本にはいない“ナース・プラクティショナー”に目を付けた。

「このコンセプトが生まれたのは、スタッフが『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』のテーマとなる珍しい病気や手術の症例を探すために海外の最新医療論文をリサーチしていた際、たまたまナース・プラクティショナーという資格を知ったことがきっかけだといいます。日本で馴染みのない職業なのも、当然というわけです」

 いわば「ドクターX」の副産物だったのだ。脚本は「ドクターX」と同じ中園ミホ。デイリー新潮は「『ドクターX』ファンも大満足 新BIG3と言われ始めた『ザ・トラベルナース』の楽しみ方」(11月3日配信)で、「ドクターX」との共通点を報じた。

「アメリカでナース・プラクティショナーだった那須田歩(岡田)が日本に呼ばれ、どれだけスーパーな看護師ぶりを見せつけるのかと思ったら、それを上回るフリーランスの優秀な看護師・九鬼静(中井)がいたというのが、『ドクターX』とは決定的に違うところでしょう。岡田と中井という俳優が看護師を演じることも、近年の男女平等、ジェンダーレスな時代にも合うテーマなので、幅広い視聴者にウケているのです」

 とはいっても、共通点は少なくない。

監督は代わった

「『ドクターX』の米倉涼子が演じる大門未知子の決めセリフ『私、失敗しないので』や『いたしません!』は番組名物になりました。大門が手術後にコップにいっぱいのガムシロップを一気飲みするシーンも印象的で、彼女のキャラを際立たせました。もともと中園さんはコピーライター出身の脚本家ですから、決め台詞やアイテムを登場させるのは得意。今回も中井が演じる九鬼は、丁寧語でナイチンゲールの教えをたびたび披露し、いつも掃除をしている謙虚キャラですが、ここぞというときには『クソ食らえです!』と強く言い放ちます。『医者は病気を診て、病気を治す。ナースは人を見て、人を治す』という名言も、ドラマのコンセプトを打ち出す名セリフになっています」

 九鬼が広島弁でヤクザの如く恫喝するシーンが最近は見られないのが寂しいが、

「ラストの決定的なシーンに取ってあるのかもしれません。また『ドクターX』との共通点といえば、音楽も同じく作曲家の沢田完さんが担当しています。『ドクターX』ではウエスタンぽい曲が孤高の天才フリー外科医の大門の世界観を醸し出すことに成功しましたが、『トラベルナース』でも、那須田と九鬼の関係性を際立たせ、ドラマに引き込まれる楽曲が散りばめられています」

「ドクターX」と明らかに異なるのは監督という。

「監督だけは『ドクターX』スタッフではありません。チーフ監督の金井紘はもともとフジテレビの社員で、『コンフィデンスマンJP』や『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』を担当し、3年前に独立した後は『コントが始まる』(日テレ)なども手がけています。テレ朝の上層部は、『ドクターX』と同じ枠で医療モノではあるものの、監督だけは代えた。コメディー要素もある『トラベルナース』には新たな演出家として、フリーランスの監督を迎えたのです」

 人気シリーズだった「ドクターX」の後継番組で、監督だけを代えるというのは思いきったものだ。

「ヒット作を連発してきた脚本家、作曲家、そして監督を揃えたテレ朝の戦略勝ちでしょう」

デイリー新潮編集部