ドイツを破り、喜ぶ浅野欧藾手たち=2022年11月23日午後6時、ハリファ国際競技場、伊藤進之介撮影

写真拡大

(23日、W杯1次リーグE組 日本2-1ドイツ)

 日本は立ち上がりから一方的に攻め込まれた。

 前半33分にPKで先制点を許したが、後半から陣形を3バックにして流れを変えた。後半30分に堂安、同38分には浅野とたて続けに得点。逆転勝ちで初戦を飾った。

     ◇

 森保監督 「チームの総合力、総力戦で戦うことを、選手たちがやってくれた。まだ1試合終わっただけ。今日のことを反省して次の試合の勝利を目指したい」

 吉田 「めちゃくちゃうれしいですけど、まだ1勝しただけ。コスタリカに勝って(1次リーグ突破を)決めたい」

 長友 「ピッチで出ているときも、出ていないときも、常に一緒に戦っていた。歴史的瞬間だね。うれしい」

 鎌田 「前半はドイツをリスペクトしすぎて、自分たちは臆病になっていた。後半にフォーメーションを変えて、攻めたことが勝利につながった」

 遠藤 普段はドイツ1部リーグでプレー。「(個人的に)初戦、対ドイツということで、この試合にかけていた。システムを変えても臨機応変にやれるのは僕らの良さ」