SEVENTEEN色に染まった大阪、南海電鉄ラピートも「BE THE SUN」のオレンジに…【PHOTO】

写真拡大 (全7枚)

SEVENTEENが初の日本ドームツアーを行った大阪をオレンジ色に染め上げた。

【写真】SEVENTEENホシ「子々孫々に…」

11月19、20日の2日間、大阪・京セラドーム大阪で「SEVENTEEN WORLD TOUR[BE THE SUN]-JAPAN」の幕を開けたSEVENTEENが、都市型コンサートプレイパーク「SEVENTEEN BE THE SUN THE CITY」同時開催し、注目を集めている。

大阪に続き、東京(26、27日)、名古屋(12月2、3日)と続くドームツアーで、計27万人の観客と会うと同時に、各都市で様々なイベントを行い、ファンに忘れられない思い出をプレゼントする。

「SEVENTEEN BE THE SUN THE CITY」はワールドツアータイトルに着目し、「SEVENTEENが太陽のように都市を輝かせること」をテーマに進行している。

特に今回のイベントは、HYBEによる同プロジェクト史上初めて3都市(大阪、東京、名古屋)連続という点でより意味深いものとなる。

大阪の主要スポットはオレンジのSEVENTEENのイメージで見どころと楽しみどころを提供し、ファンの関心を集めた。

まずSEVENTEENイメージでラッピングされた南海電鉄の特急ラピートが、難波と関西国際空港間を走っている。京セラドーム公演と週末を迎え、関西空港から難波に移動する乗客たちは、SEVENTEENバージョンのラピートの前で記念撮影をするなど、熱い関心を示した。

そして戎橋筋商店街、SEVENTEENのイメージでラッピングされたHEP FIVEの大観覧車など、計18カ所の大阪のランドマークを連結するデジタルスタンプラリーイベントも行われている。

また東京では東京スカイツリーとのコラボにより、12月4日までの週末は、「BE THE SUN」を象徴するオレンジとSEVENTEENの公式カラーであるローズクォーツセレニティを活用した特別な照明演出が繰り広げられる予定だ。

日本ドームツアー最後の公演が行われる名古屋では、市内の中心地である栄を特別な照明で染めることになる。