(※写真はイメージです/PIXTA)

写真拡大

世界を見渡してみても、日本人の現金保有率(貯蓄率)の高さは顕著です。日本では義務教育期間中にほとんど金融教育が行われないため、資産運用の知識が乏しい人が少なくありません。では、実際に資産を運用していくのに必要な知識には、どのようなものがあるでしょうか? NIKEのエアマックスを日本に流通させ、1年で約44億円を売り上げた中谷昌文氏が、アメリカにて実践で身につけた資産運用のノウハウを、著書『なぜ大富豪のサイフは空っぽなのか?』(ビジネス社)で、解説します。

欧米では子どもの頃から少額で投資をスタート

アメリカをはじめとする欧米諸国の中には、小さい子どもに株式投資を教えているところもあります。一方で、日本人の多くは、子どもの頃はもちろん、大人になっても株式投資について学ぶ機会がありません。そこで「株式投資とは何か」について、あらためて考えてみましょう。

そもそも株式とは「株式会社が資金を出資してくれた人に対して発行する証券」のことです。また、証券とは、財産法上の権利や義務が記載された紙のことです。もっとも現在は、そのほとんどが電子化されているため、実際に株券を手にしたことがある人は少数でしょう。

さて、そのような株式を会社が発行する理由は、事業を行うための資金が必要だからです。事業を行うには、事務所費や人件費、その他の雑費など、さまざまなお金が要ります。それを集めるために、株式を発行して売ることで、資金を得ているのです。

もちろん、自分の資産を使ったり、銀行などの金融機関から融資を受けたりする方法もあるのですが、それだけでは十分に資金を得られない可能性があります。また、その事業を保有したり携わったりする仕組みとして、株式の発行が便利だと考えられたのです。

株式会社の歴史は古く、1602年に設立されたオランダ東インド会社が起源とされています。当時、航海には多大なリスクがあり、場合によっては生きて帰ってこられないこともありました。まさに命がけの冒険です。

その冒険によって得られるもの(食料、資源、大陸発見など)は非常に大きいのですが、自分たちだけで航海の資金を準備するとなると、やはり限界があります。そこで、株式によって小口の資金を集め、造船や貿易などの事業が行われるようになりました。

その後、イギリスやアメリカで経済や金融の仕組みが発達・発展していくにつれて、株式はその中心となっていきました。そうした文化的な背景もあり、欧米では子どものうちから株や債券を購入するなど、投資をスタートするのです。

もっとも、社会人経験がない子どもは、会社や株式の具体的な仕組みなどはわかりません。そこで、よりシンプルに考えて、伸びそうだと思う企業に少額を投じてみるわけです。もちろんその原資は両親からもたらされるのですが、それもまた教育の一環です。

こうした視点を培うことは、あながち安易な方法とはいえません。事実、株式投資は「美人投票」とも表現されています。

著名な経済学者であるケインズは、投資の玄人が行う株式投資を「新聞投票で美人を選ぶような方法」と述べました。その意味するところは、経験者が行う株式投資でも、結局は人気のある銘柄が伸びていく、ということでしょう。

そうなると、選ぶべきなのは個々人の好みではなく、みんなが選びそうなものということになります。つまり株式投資とは、市場に参加している多くの人が値上がりする(成長する)と考えている銘柄を選ぶもの、ということです。

子どものときから「伸びると思う銘柄」を選ぶ習慣は、そのまま大人になっても役立ちます。リスクとリターンを加味しつつ養われた目利き力は、株式だけでなく、さまざまな金融商品の精査につながります。しかも、知識としてだけでなく経験として知っているため、彼らは自然に投資巧者へと成長していきます。

チェーンホテルにとって、お客を呼ぶ以上に大切なこと

お金に対する知識と経験が向上するとどうなるのでしょうか。まず、物事の見方が変わります。私たちの身近にあるものでも、金融リテラシーを得たうえで眺めてみると、実にいろいろな工夫がなされているとわかります。

たとえば、日本全国に建てられているホテル。その中で、主要都市の駅前を中心にたくさん展開されているチェーンホテルがあります。素朴な疑問として、「なぜあんなにたくさんホテルを建てられるのだろう?」と思うこともあるでしょう。

普通に考えれば、「経営者がよほどの資産家なのだろう」「会社が儲かっているのだろう」などの発想になるかと思います。確かにそうした側面もあるかもしれませんが、実際は、金融の仕組みを上手に使っているからなのです。

具体的には、ホテル用地の調達や建物の建設に必要なお金は、信用金庫などから低金利で借りています。あらゆる事業がそうであるように、ホテル事業者もまた、金融機関から融資を受けて事業を行っているのです。

ポイントは、地元の金融機関を活用しているということ。地元に根づいている金融機関は、地元の発展のために事業を行う事業者を歓迎します。もちろん、融資を申し込んでくれれば銀行業務としてもありがたいわけです。

金融機関はお金を貸すことで利子を得る商売である以上、融資はしなければなりません。ただできる限り、実績と経験があり、担保となるような資産(不動産含む)をたくさん持っている人や企業に貸したいと考えるものです。

信用金庫などは、実績や経験があって、また担保となる土地と建物(ホテル)を所有している事業者に対し、積極的にお金を貸しています。ホテルチェーンでは、このような金融の仕組みを利用して次々にホテルを建てているのです。

これこそ、金融の力といえるのではないでしょうか。必ずしも株式のような「直接金融」を積極的に使わずとも、融資という「間接金融」によって事業を大きくすることは可能です。むしろ、双方を使い分けることが金融の本質といえるかもしれません。

「金融」という切り口から社会を見れば視野が広がる

こうした視点で見ると、ホテル業とは金融をうまく活用した業態であり、かつ不動産業の側面があることがわかります。表向きはどのくらい部屋が埋まったのかを考えますが、会社全体としては次々にホテルを建設し、資産を拡大することが本旨なのかもしれません。

金融リテラシーを持つと、このような発想で世の中を見ることができます。お金の仕組みを軸に、「なぜそうなっているのか」「どのような構造になっているのか」がわかるわけです。それはそのまま投資にも活かせます。

先に「株式投資は美人投票」という話を紹介しましたが、日常生活でも金融知識を軸にいろいろなものを見て、さまざまな角度から考えていれば、これから伸びる企業や投資をするべき対象も見えてきます。

あるいは、資産形成の方法もイメージできるようになります。自らビジネスを立ち上げなくても、年利10%で運用できる投資先を見つけたり、お金に働いてもらう方法を模索したりなど、得られるメリットは非常に大きいのです。

中谷昌文
社会貢献活動家
国際ビジネス大学校 理事長
特定非営利活動法人 国際コンサルティング協会 理事長