649386340

写真拡大

(C)Getty Images

 現役時代はヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルト、さらには侍ジャパンでコーチを務めたBCリーグ新潟アルビレックスBC監督の橋上秀樹氏が自身のYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で、松田宣浩と長野久義が加入した来季の巨人について語った。

【関連記事】原巨人 「一軍切符」を手に入れられなかった「選手の名前」


 橋上氏は動画内で、2人のベテランについて、「2人ともタイプは違うんですけれども、野球界の中でも指折りの、非常に性格のいいナイスガイの選手。同じ時期に同じチームに入ってね、ジャイアンツにとってはどのような効果が生まれるのかというのは、非常に楽しみですね」と、印象を語った。

 ベテラン2人を獲得した巨人には、「どちらも右打者で中距離ヒッターに部類される、同じようなタイプのバッターだと思います。現在、巨人には中島選手がいるので、似たようなタイプの打者が揃いましたけど、果たしてどのように起用していくのかは注目ですね」と、起用法に注目した。

 橋上氏によると2人の加入がもたらす効果は大きいという。「ここ数年、坂本選手がケガをしがちで離脱することが多かったので、巨人はチームリーダーという点で苦しんでいました。チームにとっても坂本選手にとっても、この2人の加入はすごく大きいんじゃないかと思いますね。これまでは自分1人で色んなものを背負っていたのを、松田選手や長野選手が多少担ってくれる部分もあるんじゃないかなと思います」とは話した。キャプテン坂本勇人にも計り知れない効果が期待できる。

 松田、長野の来季以降に期待することについて、橋上氏は「2人とも技術や体力、精神力はまだまだ戦力となるようなものを持っていると思うので、来季日本一を目指す巨人を引っ張って欲しいと思うし、球団もそれに期待しているんじゃないですかね」と語った。

 2人の経験豊富なベテランの加入は、来季以降の巨人にとって”劇薬”となるのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]