松田宣浩

写真拡大

まさか現実になるとは…

 巨人がソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松田宣浩内野手(39)を獲得した。

【秘蔵写真】「リーグ5連覇」「全球団勝ち越し」……いまだ破られない偉業も…… プロ野球監督別「優勝回数ランキングベスト10」

 広島から長野久義(37)を無償トレードで獲得したと聞いて真っ先に思ったのは巨人の「温情」だった。だが、今回の松田獲得には「ビックリ仰天」した。

 確か10月頭には獲得調査をしていると聞いてはいた。私はハナから反対していたし、まさか現実になるとは…なにかの間違いだと思ったし、全く理解できない“補強”だ。

 長野は18年オフにFAで加入した丸佳浩の人的補償で広島に移籍していた。巨人は人的補償のプロテクト枠からは外していたという経緯があった。巨人は想定外でずっと申し訳ないという思いを抱えていた。

松田宣浩

 長野が現役の晩年を迎え、広島が親心で無償トレードを巨人に打診して巨人もまた温情で復帰へ手を差し伸べた。理解できる。

 だが今回の松田には何度でも言うが、なぜ獲ったのか分からない。ソフトバンクから「来季の契約を結ばない」と通告された選手ではないか。他球団が要らないという選手を獲得する。ありえない。原辰徳監督、フロントはなにを考えているのか。

若い選手の起用をもっと増やすべき

 松田はソフトバンク一筋で今季17年目を迎えた。15年連続で開幕スタメン出場したものの5月以降は出場機会が減って自己最少の43試合だった。成績の方もここ2、3年は落ちる一方だった。今季は打率2割4厘、7打点、本塁打0だった。

 巨人の右打者のベテランは40歳の中島宏之、37歳の長野、松田で3人になる。一塁と三塁をこなせるという。

 松田本人は現役続行に強い意欲を持っていたという。選手の立場からすればそういう気持ちにもなる。いまは37、8歳くらいまでやる選手がいる。実際、福留孝介は45歳までやった。なんでもダメと言うつもりはないが、松田に上がり目があるとは思えない。

 そりゃ、野手でここ2、3年不調だとか、投手で言えば肩やヒジがよくなれば復活の可能性があるというのならわかる。しかし松田にその可能性はあるか。大いに疑問だ。

 巨人には若い伸び盛りの選手たちがいる。ベテラン3人がベンチに入ったら2人は抜ける。代走要員や守備固めの選手はどうするのか。出番がなくなる。なら増田陸らをもっと起用した方がいい。松田はピンチランナーで出場できるのか。

 ドラフトでは1位で高校生の浅野翔吾、2位で大学生の萩尾匡也を獲得した。どちらも右打者だ。浅野は2、3年先を見ているのかもしれないが、萩尾は即戦力候補だ。いずれにせよ松田にチャンスを与えるよりもこの2人の育成を先に考えるべきだろう。

「ムードメーカー」の役割にも疑問

 巨人は岡本和真や中田の“保険”として獲得したのかもしれないが、基本的には代打要員だろう。3人もいてどうする。私は中島が一番打つと思っている。

 三塁手と一塁手は外野手と違ってどちらと言えばケガが少ない。長野も一塁はOKだ。特に岡本は坂本勇人や吉川尚輝、丸佳浩と違ってケガをしにくいタイプと見る。

 よく耳にするのが「ムードメーカー」としてチームを盛り上げる役割だ。巨人も期待しているようだ。でも私に言わせれば、ムードメーカーとはレギュラーとして常時試合に出場して活躍する。チームを引っ張って「牽引車」となる。ベンチを温めていてその役目を果たせるのか。「理屈と膏薬はどこへでも付く」というがこのことわざを思い出した。

 別な見方をすればFA補強がうまくいっていないのか。巨人は西武からFA宣言した森友哉捕手に関心を持っていたという。だが、オリックスが有力になっているという。

 そりゃ森にすれば巨人に移籍すれば大城卓三と併用になる可能性がある。同じ左だ。大城を外野にコンバートするというのなら話は別だがそうはいかない。捕手の手薄なオリックスに移籍すればスッポリとはまる。森なら獲得もありと見ていたが……。

 海外FA権を持っている菅野智之が残留の意向を表明した。3年連続のメジャー断念である。今年、前半戦は不調で苦しんだもののシーズン最終登板で2年ぶりの2けた勝利(10勝7敗)を挙げたものの、「行けない」と判断したのだろう。

 生涯巨人となるだろう。もっと外角低めの真っすぐの精度を高めてもらいたい。ここ数年スライダー、カーブ、フォークで交わす投球でしのいできた。だが、基本は何度でも強調するが外角低めの真っすぐだ。

 菅野は突っ立つタイプだ。となると真っすぐが高めに行く傾向がある。年々体も動きも悪くなる。これをどう矯正していくかだ。今年は10勝したが6、7勝しかできなくなる可能性がある。このへんを考えてほしい。

柴田勲(しばた・いさお)
1944年2月8日生まれ。神奈川県・横浜市出身。法政二高時代はエースで5番。60年夏、61年センバツで甲子園連覇を達成し、62年に巨人に投手で入団。外野手転向後は甘いマスクと赤い手袋をトレードマークに俊足堅守の日本人初スイッチヒッターとして巨人のV9を支えた。主に1番を任され、盗塁王6回、通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。80年の巨人在籍中に2000本安打を達成した。入団当初の背番号は「12」だったが、70年から「7」に変更、王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」とともに野球ファン憧れの番号となった。現在、日本プロ野球名球会副理事長を務める。

デイリー新潮編集部