川口春奈「私もまだ『silent』の恋の行方を知りません!」

写真拡大

「まだ6話を撮っているところ(取材時は4話の放送後)なので先がわからなくて(笑)。私も未知な感じで、視聴者の方と同じ気持ちでやっています」

そう話すのは、ドラマ『silent』(フジテレビ系・木曜夜10時か〜)でヒロイン・青羽紬を演じる川口春奈(27)。

「最初に出演のお話をいただいたときは、好きになった相手が聴力を失っていて、そういう人とのラブストーリーだと聞いて、切ないのかな? 重いのかな? と思ったのですが、いざ台本に目を通したとき、切なさや悲しさもあるけれど、それ以上にそれぞれのキャラクターがとても繊細に丁寧に描かれていたので、撮影が楽しみだなと思いました」

そして第1話が放送されるなり、TVerでの見逃し配信再生回数が民放歴代最多となるほどの大反響。

「すごくうれしい。ラブストーリー以外の部分や、いろいろな登場人物に感情移入できる作品だと思うので、そういうところも支持していただいているのかな」

川口演じる紬は、高校時代の恋人・佐倉想と再会する。しかし想は聴力を失っていた。2人はその後、手話などを通じて意思を伝え合う。言葉以外で思いを伝える演技の難しさや違いを聞いてみた。

「手話も難しいですし、普通にお芝居しているときよりも、伝えようとする気持ちが大きくなっているからか、言葉ひとつひとつをしっかり届ける感覚。表情もいつもより豊かになっているような気がします」

最後に、昔の恋人と現在の恋人を演じる共演者の2人について聞いた。

■佐倉想役・目黒蓮(25)

「自分の世界がしっかりあって、どこかミステリアスで陰もある。たたずまいや、まとっている空気が想っぽいです。今回、それぞれのキャラクターの当て書きをしてくださっているので、ご本人や役とリンクする部分はすごく感じます」

■戸川湊斗役・鈴鹿央士(22)

「癒し系弟キャラというか、みんなの弟的存在というか。湊斗のような優しさもあり、皆を癒す魅力を持った役者さんだなと思いました」

真摯に目の前の人物と向き合う、紬、想、湊斗の関係に、涙せずにはいられないドラマ。ますます目が離せなくなりそう!

(ヘアメーク:岡野瑞江〔STORM〕/スタイリスト:丸山晃)

【衣装協力】

タンクトップ、キャミソール(ともにCALVIN KLEIN / カルバン•クライン カスタマーサービス)ソックス(COUNCIL FLAT1)ジャケット・靴(スタイリスト私物)