フワちゃん

写真拡大

 9月25日放送の「行列のできる相談所」(日本テレビ)にて、YouTuberでタレントのフワちゃんがプロレスデビューすることが発表された。プロレスにはこだわりの強いファンが多く、プロレス愛のない芸能人が安易な気持ちでかかわると、猛バッシングを受けることもある。フワちゃんのプロレス参戦がプロレスファンからどのように受け取られるのかは未知数だった。

【写真】芸能界にテリトリーを築いた

 10月30日放送の「行列のできる相談所」では、実際のデビュー戦の模様が放送されていた。初心者だったフワちゃんは、人気女子プロレス団体「STARDOM」に入門して、5カ月にわたる猛特訓を行い、本番に備えてきた。もともと運動神経抜群の彼女は、初めてとは思えないほど受け身やドロップキックが上手く、練習中にも指導するレスラーたちを驚かせていた。

フワちゃん

 当日は葉月とタッグを組み、上谷沙弥&妃南組と20分一本勝負で対戦した。解説を務めたのはプロレス愛好家として知られるくりぃむしちゅーの有田哲平。フワちゃんのプロレスデビューを温かく見守っていた。

 試合では、バラエティでのおふざけモードを封印して、真剣に勝負に向き合った。ドロップキック、卍固め、ブレーンバスターなどの大技を決める場面もあった。勝負には敗れてしまったものの、全力でプロレスをやり切った彼女には会場から惜しみない拍手が送られた。

 フワちゃんがプロレスに挑むというのは一見畑違いのような気がするが、運動神経が良く、派手なコスチュームを身に着けている彼女には、もともとレスラーとしての資質があった。面倒臭いファンがいる分野にあえて飛び込んでいくというチャレンジ精神も、彼女らしくて好感が持てる。「体を張った本気のパフォーマンス」であるという点では、彼女がこれまでにバラエティ番組でやってきたロケ企画などと大きな違いはない。

テリトリーを築くことに成功

 フワちゃんの登場は、テレビの世界における1つの事件だった。カラフルな衣装を身にまとい、ハイテンションで誰にでも馴れ馴れしくタメ口で絡んでいく、謎のYouTuber芸人。そのキャラクターはもちろん最初からインパクト抜群だったし、斬新でもあったのだが、客観的に見れば「やりすぎ」の感じもあった。

 特異なキャラを背負って芸能界に飛び込んでくる人は、のちにそのキャラを持て余して苦しむことになりがちだ。「エンタの神様」出演がきっかけで人気が出たようなキャラ強めの芸人には特にその傾向があり、彼らは人気が衰えると「一発屋芸人」の汚名を着せられてしまったりする。

 フワちゃんもまた、どんなエンタ芸人にも負けないくらいのキャラの強さを持っていた。バラエティ番組でセオリーを無視して自撮り棒で写真を撮りまくる彼女は、あまりにもキャラが仕上がりすぎていて、そこからどうなっていくのかが想像しづらいようなところがあった。

 だが、余計な心配は無用だった。ブレークから2〜3年経った今も、彼女はテレビの最前線で活躍している。基本的なキャラクターはほとんど変わっていないが、タレントとしての能力やポジションは格段に上がった。今では彼女を「一発屋予備軍」のように見る人はいないだろう。フワちゃんは芸能界に根を下ろし、1つのテリトリーを築くことに成功した。

キャラに奥行き

 フワちゃんが長く生き残っている理由は、生来のセルフプロデュース能力の高さによるものだろう。彼女はお笑いコンビの一員として活動を始めて、解散してピン芸人になった後、YouTubeの世界で注目され始めた。もともとInstagramで自ら加工した「おもしろバカ画像」をアップし続けていた彼女は、映像制作にも同じような楽しみを見出した。

 明るさ、勢い、行動力、ビジュアルセンスなど、彼女が持っている強みがYouTubeの世界ではそのまま生かされた。しかも、彼女には暴走する自分を客観的に眺めるプロデューサーとしての冷静な視点も備わっていた。

 テレビの世界ではその能力が生かされた。視聴者や共演者は「フワちゃん」という人間をどういうふうに見ているのか。それを踏まえて、どういうふうに行動すれば彼らを楽しませて、彼らと良い関係を築くことができるのか。彼女はそのことを誰よりも冷静に考えて、戦略を練って、それを実践してきた。

 そして、フワちゃんはそんな戦略的な一面をコソコソ隠そうとはしない。むしろ、積極的にさらけ出すことで、それも含めて面白がられているようなところがある。

 フワちゃんのようなタレントは、ある段階で「この子、カメラの前ではタメ口だけど、裏ではものすごく真面目なんですよ」などと、共演者からイジられたりすることがある。でも、フワちゃんのキャラクターにはその単純な「表の顔・裏の顔」という図式にとどまらない奥行きがあるので、そういうイジリの標的になることもない。

 ゴールデン・プライムタイムの番組では体を張って派手に暴れ回ったり、スポーツに挑戦したりする。一方、深夜番組やラジオでは、明るく振る舞いながらも戦略的な一面を覗かせたり、親しい芸能人と距離を詰めてじっくり話をしたりする。フワちゃんのことを熱心に追いかけているファンにとっては、その振れ幅の大きさも魅力である。

 プロレス挑戦によって、まだまだ秘めた才能があることを見せつけたフワちゃん。これからも息の長い活躍を続けていくだろう。

ラリー遠田
1979年、愛知県名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家・ライター、お笑い評論家に。テレビ・お笑いに関する取材、執筆、イベント主催など多岐にわたる活動を行っている。お笑いムック『コメ旬』(キネマ旬報社)の編集長を務めた。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)、『逆襲する山里亮太』(双葉社)『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)など著書多数。

デイリー新潮編集部