林芳正氏

写真拡大

 内外に衝撃を与えた安倍晋三元総理の死から4カ月。お膝元の山口県では「下関戦争」が激化している。

【写真】「合同結婚披露宴」を行った安倍晋三元首相

「林芳正外相を支持する地元の下関市議らが安倍氏の死を“絶好の機会”として攻勢を強めているんです」

 とは事情に詳しい関係者。

「事件直後から、市議たちは議会の多数派工作に乗り出した。すでに中間派の議員を吸収し、8月には議会の最大会派を占めるまでになった。地元の最側近として地域を牛耳る、安倍氏の元秘書である前田晋太郎市長をはじめ、安倍派の市議たちは強烈なプレッシャーにさらされています」

 場外乱闘も始まっており、

「林氏の支援者らが、いまも市内各所に残る安倍氏のポスターを剥がして回った形跡が確認されているとか。無論、安倍派サイドは怒り心頭。それが理由か、先月15日に行われた県民葬の際、林派の幹部には招待状が届かなかった。両派の緊張は高まるばかりです」

林芳正氏

元総理の急死でパワーバランスに異変

 下関市は安倍氏と林氏の勢力が父親の代から争ってきた因縁の地。2017年の市長選では、安倍氏の支援を受ける前田氏が林氏の推す現職に僅差で勝利。以来、安倍派は市議選で林氏と所縁(ゆかり)のある現職市議の公認を見送るなど、ライバル一派を徹底的に干してきた。が、元総理の急死でそのパワーバランスに異変が。いまや安倍派は、苛烈極まるであろう報復に戦々恐々としている。

「来年4月には安倍氏の死に伴う、衆院山口4区の補選が予定されています。代々の保守王国だけに自民党候補が負ける可能性は極めて低い。問題は、次期総選挙における定数削減なんです」

 今国会での公職選挙法の改正により、次の総選挙からは15都県の小選挙区で10増10減が行われる。

 政治部デスクが解説する。

「山口県は小選挙区が4から3に減り、現4区は新たな区割りで林氏が地盤とする3区に組み込まれる。そのため補選で勝った候補者には、次の総選挙で新3区からの出馬が濃厚な林氏との公認争いが待っている」

“最後の切り札”

 危機感を募らせた安倍派は当初、安倍氏の兄・寛信氏の長男である寛人氏の擁立を検討したという。

「これには“ゴッドマザー”こと、祖母の洋子さんも賛成しましたが、当の本人が固辞。その後、寛人氏が県民葬に出席しなかったこともあり、弔い合戦となる補選への出馬は困難な状況だ。

「県東部の2区を地盤とする岸信夫前防衛相の長男・信千代氏を立てる案もありました。が、いずれは父親の選挙区を継ぐのが既定路線。加えて“腰掛けの出馬では4区の選挙民にあまりに失礼”との声で立ち消えになりました」

 ほかにも岸家の次男を安倍家の養子に迎える案や、下関市の前田市長の擁立も模索された。が、県内の3選挙区の二つを安倍家と岸家が占めることへの反発が予想されたほか、市長に旧統一教会との接点が指摘されたことで、これらの案は早々に見送られたという。

「そこで“最後の切り札”として浮上しているのが、昭恵夫人を補選の1回限りで擁立する“ワンポイントリリーフ案”です。本人はすでに“出馬はしない”と明言していますが、地元幹部は“状況はあまりに厳しい。じっくり話せば分かってくれるんじゃないか”と、改めて説得に乗り出す構えです」(地元関係者)

 棺を蓋(おお)いて“後継”いまだ定まらず――。

「週刊新潮」2022年11月10日号 掲載