はじめて訪れる場所の風景をあらかじめ確認するなど便利に使えるGoogleストリートビューですが、Googleが2023年3月21日にストリートビューアプリを廃止することがわかりました。
 
GoogleマップやStreet View Studioからストリートビュー機能を利用することはできるため、これらのアプリへの切り替えが必要です。

ストリートビューアプリの最新版に終了予告が存在

9to5Googleがストリートビューアプリのバージョン2.0.0.484371618を逆コンパイルして解析したところ、そのなかにストリートビューアプリのサポート終了予告が含まれていることがわかりました。
 

 
予告では2023年3月21日にストリートビューアプリのサポートが終了するとされています。

GoogleマップやStreet View Studioへの切り替えが必要

この予告のなかでGoogleは、GoogleマップやStreet View Studioへの切り替えを促しており、これらのサービスでは引き続きストリートビューの機能が使えるようです。
 
ただ、Photo Pathsと呼ばれるユーザーがストリートビューに写真を投稿する機能は完全に終了します。
 

 
これまでに投稿した画像をGoogleマップから見ることはできるものの、新たな画像の投稿は2023年3月21日以降できなくなります。

 
 
Source: 9to5Google
(ハウザー)