プロ・アマ問わず…「株式投資で成功する人」の2つの共通点

写真拡大

投資による資産形成を促すような政策が進められている一方で、世界的に金融市場が不安定な状況が続いています。このようななか、株式投資で成功している人にはプロ・アマ問わず、大きく分けて2つの共通点があると、鎌倉投信の代表取締役社長である鎌田恭幸氏はいいます。投資で成功するにはどのような力を身に付ける必要があるのか、みていきましょう。

投資で失敗しないための「コツ」とは

今年6月、「経済財政運営と改革の基本方針2022〜新しい資本主義へ〜」が閣議決定されました。

そこで掲げられた「新しい資本主義」実現のための5つの重点投資分野の1つが「人への投資」です。そして、「人への投資」の4つの施策の1つが「貯蓄から投資のための資産所得倍増プラン」です。

この資産所得倍増プランでは、「投資による資産所得の倍増を目指して、NISA(少額投資非課税制度)の抜本的拡充や、iDeCo(個人型確定拠出年金)制度の改革、国民の預貯金を資産運用に誘導する新たな仕組みの創設など、政策を総動員し、貯蓄から投資へのシフトを大胆・抜本的に進める」と述べられています。

こうしたお金の運用を通じた資産形成(ここでは、「投資」といいます)を促す積極的な制度が検討される一方で、新型コロナウィルスの感染拡大、ロシアによるウクライナ侵攻、インフレや金利上場などによって金融市場が不安定になると、投資する人の気持ちがぐらつき、結果的に失敗する人があとを絶ちません。

こうした制度を活かすには、初心者でもわかりやすく使いやすいシンプルな制度設計であると同時に、利用する側の投資に向き合う姿勢そのものが重要です。

私は、社会人になってから現在に至るまで資産運用の業務に従事し、金融法人や年金基金といったプロの投資から一般生活者によるコツコツとした投資まで、幅広い投資家に接してきました。

そうしたなかから、プロであっても一般生活者であっても、投資で成功する人には共通項があると感じます。 最も重要なことをあえて1つ挙げるとすれば、それは「長く続けること」でしょう。 投資の方法(運用手法)は100人100通りですが、「長く続ける力」が、運用能力そのものなのです。

投資というと、短期的な利ザヤ稼ぎ、お金儲けの手段というイメージがありますが、(短期売買で利益を上げる人も極稀にいるものの)多くの人にとっての投資とは、「お金を価値のあるものに換え、その価値の長期的な増幅を、将来にわたって享受するためのプロセス」に他ならないのです。

投資で成功するコツ 帖嵳渋しない」こと

まず1つ目は、意外に思われるかもしれませんが、「予測しない」ことです。もう少し正確にいえば、「予測に左右されない投資の枠組みをつくる」ことです。

なぜなら、社会情勢や経済情勢がグローバルに複雑に影響しあうなかで、さまざまな出来事の発生可能性やその程度を予測し、かつ、それらが金融市場にどのように影響をおよぼすかを的中させることは、専門家であっても至難の業だからです。

つまり、的中する可能性の低い予測に賭けることへのリスク、予測の変化に応じて投資商品をスイッチさせることから生じるコストのほうが、一貫して投資を継続するリスクに比べるとはるかに大きいのです。

最近体験したわかりやすい事例を示しましょう。 新型コロナウィルスの感染が拡大し、世界中がロックダウンなどでパニックに陥った2020年3月、世界の株式市場は大きく下落しました。いわゆるコロナショックです。

しかし、その後、日本を含む世界各国の積極的な金融・財政政策を受けて株価は反発し、日経平均株価は一時30年ぶりに3万円を超える水準まで値を戻しました。誰も予想がつかない値動きでした。

このとき、私が社長を務める資産運用会社のお客様の運用損益をみると、0.3%のお客様を除き99.7%のお客様がプラスでした。株価が近年で最も高い水準にあるなかで当然の結果といえるのですが、なぜ0.3%のお客様は、運用損益率がマイナスになったのでしょうか。

不思議に思って調べたところ、0.3%のお客様は、コロナショック(2020年2月〜3月)、米中貿易摩擦(2018年夏ごろ)、チャイナショック(2015年夏ごろ)のように株式市場が一時的に下落する局面で、保有している資産の多くを解約(売却)して損を確定してしまい、その後の戻り局面で資産価値を高めることができなかった方でした

しかも、投資を開始してからわずか2年程度の短期間で売却していたのです。 株価の値下がりに不安を感じ、「さらに値下がりするのではないか」という予測を、暗黙のうちにしてしまった結果に他なりません。このような経験をした方は、少なくないのではないでしょうか。

「相場の先行きに賭けてはいけない」

資産運用の世界で最も有名な人物の1人、チャールズ・エリスのこの言葉は、シンプルですが、とても重要なメッセージです。

投資で成功するコツ◆弔箸砲く「続ける」ことが重要

投資で失敗しないためのコツの2つ目は、冒頭にも書いた「シンプルに投資し続ける」ことです。

「株価が下がり、半分になったくらいで売ってしまうなら、最初から売買などしないほうがよい。何があっても持ち続けることだ。株価が大幅に下がるというのは、めったにない投資のチャンスなのだ」

世界的に著名な投資信託の運用者だったピータ・リンチの言葉です。将来性ある会社の株式の値段(株価)が一時的に値下がりしたときは、投資の機会として捉えることの重要性を語った言葉だと認識しています。

つまり、実体としての企業価値やその将来価値に着目して投資するのであれば、短期的な株価変動は気にしなくてもよい、という意味でしょう。

たとえば、それなりの会社の株式に投資する場合、会社は成長するための企業努力を続け、財務価値や株式価値は高まり、それに連動して株価も上昇することが見込まれます。

そうした実体としての価値が傾向的に高まる投資対象資産にお金を振り向ける場合、値下がりを恐れるのではなく、むしろ値上がりのタイミングを逃さないことが重要となるでしょう。

NYダウ平均株価を例に、上昇タイミングを逃すことのリスクについて考えてみましょう。

同指数は1921年〜昨年末までの101年のあいだで500倍近くに上昇しました。利回りに換算すると年平均+6.4%になります。しかし、値上がり上位10日間を除くと利回りは5.2%となり、さらに上位30日を除くと3.6%にまで低下します。

このように、値上がりのタイミングを逃すことは、資産運用においてかなりの痛手になるのです。

しかし、ここで直面する悩ましい問題が、いつ値上がりするかのタイミングを計ること自体が至難の業である、ということです。それを解決する方法は何でしょうか。 その答えが、2つ目のコツ、 「シンプルに投資し続けること」です。

勉強においても、スポーツにおいても、趣味においても、仕事においても、何かを成そうと思ったら、時間をかけてコツコツ取組むことが大切でしょう。それによって経験やスキルが高まり、結果も自ずとついてきます。

投資も例外ではないのです。継続は力なりで、「長く続ける力」は、運用能力そのものなのです。しかし、投資は、始めることより続けることのほうが難しい、とよくいわれます。株価等、目先の値動きに心が揺らぎ、感情的に売買しがちだからです。

鎌田 恭幸

鎌倉投信株式会社

代表取締役社長