BSフジで放送されている『クイズ!脳ベルSHOW』(以下、『脳ベルSHOW』)が、これまでの週5回の平日帯放送から、秋の改編によって週1回(月曜22時〜)の放送に変更となった。

【画像】顔を真っ白に塗った「白塗り芸能人」4人が共演した回も…『クイズ!脳ベルSHOW』の個性豊かな中高年ゲストを見る(全4枚)

 昭和の香りを色濃く残す同番組は、BSフジのみならず、BS番組全体の中でも屈指の人気を誇る名クイズ番組だ。それだけに、なぜ週1回に縮小されたのか、気になる人は多いだろう。

『脳ベルSHOW』の歴史を振り返りつつ、その理由を、BSフジ編成局編成部のキーマンに訊いた。

◆◆◆

「『脳ベルSHOW』が週1になるらしい……」

 そう消沈気味に、『脳ベルSHOW』ウォッチャーの友人が教えてくれたのは、まるで日差しが衰える気配のない晩夏のこと。世間一般では、どうでもいい些事だろうが、一部の好事家にとって、この番組が週1に縮小するというニュースは一大事である。

 それにしても、BS番組全コンテンツの中でも一二を争う超人気番組を、なぜ縮小するのか? そうした疑問を、『脳ベルSHOW』を立ち上げた、BSフジ編成局編成部企画担当部長・谷口大二氏に質すと、

「『脳ベルSHOW』で培った昭和の良き時代感を、1週間の各番組に散りばめるため」

 という回答を得た。どうやら戦略的縮小であるらしいのだが、その話の続きをする前に、そもそも『脳ベルSHOW』とは、いかなる番組なのか整理しておきたい。


MCのますだおかだ・岡田圭右と川野良子アナウンサー ©BSフジ

優勝者には「あきたこまち5キロ」贈呈

 同番組のスタートは、2015年10月までさかのぼる。クイズと名が付くように、脳トレを基盤とした問題で、脳に衰えが見えてくるだろう40歳以上のゲスト解答者4人を招いて競わせる。優勝者には、あきたこまち(5キロ)が贈呈される。賞金という概念はない。「米」である。

 実は当初、『脳ベルSHOW』は、水曜22時台の1時間番組だった。知識を競い合う地上波のクイズ番組とは違い、なぞなぞをはじめとした“頭を使うこと”の楽しさを思い出させてくれる同番組は、中高年を中心にじわじわと人気が浸透。同時間帯で視聴率トップを奪取するや、その勢いのままに、放送開始1年後には放送日を月〜木曜に拡大し、2017年4月からは月〜金曜まで平日の帯番組へと成長してしまう。

 さらには、一時期、本家地上波フジテレビでも、早朝4時から平日の帯で放送するという暴挙……失礼、快挙を成し遂げるまでに。「明け方に妙なクイズ番組を見た」といった声が続出する“オバケ(のような)番組”として、『脳ベルSHOW』は知る人ぞ知る「面白い番組」として定着していく。

 といっても、単にクイズが面白いだけでは、ここまで飛躍はしない。

多彩すぎるゲストは「あの人は今」から「この人は誰」まで

 この番組の魅力は、なんといってもジャンル不問の40〜90代の多彩なゲスト――、番組ファンを公言する東京ダイナマイト・ハチミツ二郎の言葉を借りれば、「“あの人は今”から“この人は誰”まで」を網羅したラインナップに尽きるだろう。放送回数は1500回以上、これまで出演したゲスト解答者の総数は、驚愕の2000人越えである。20歳を過ぎた大人がお酒に触れるように、40歳を過ぎた芸能人が『脳ベルSHOW』に出演するのは、ある種の通過儀礼のようになっている。

 多士済々と言えば聞こえは良い。だが実際のところは、往年の俳優、歌手、スポーツ選手のみならず、「つい最近歌手としてデビューした」というスナックのマスター(99%素人)まで出演。彼らが、よーいドンで脳トレにチャレンジする姿は異様としか言いようがなく、高齢の解答者、破天荒な解答者も少なくない。白紙解答、カンニングまがいのハプニングも日常茶飯事。「普通回」を視聴することの方が難しいくらいだ。

 たとえば、“藤原組長”ことプロレスラーの藤原喜明が登場した際は、懐に忍ばせたウィスキーを勝手に飲み始め、「酒の力で解答する」なんてこともあった。

 またあるときは、「白塗りタレント対決」と題して、コウメ太夫、アツシ(ニューロティカ)、氏神一番(カブキロックス)、岩崎ひろしが集結。4人の白塗りたちが脳トレクイズに挑むという、暗黒舞踏でもお目にかかれない光景を茶の間に届けたこともあった。

 と、まぁ平たく言えば「なんでもあり」で「なんとかなる」……連日連夜、地方の夏祭りを見ているようなクイズバラエティ、それが『脳ベルSHOW』なのである。

 筆者が過去に取材をした当時の番組プロデューサー・小沢英治氏は、キャスティングについてこう答えている。

「『どうやってキャスティングをしているのか?』と、よく聞かれるのですが、嗅覚という言葉でしか説明できない(笑)。どう混ぜたらおいしくなるか……料理人に近いものがあるかもしれません。地上波のテレビはどんどん新しいタレントさんが登場しますが、うちは逆。熟成された方々に出演していただきたい。『脳ベルSHOW』は守り続けたものが1つあれば、光り輝く番組ですから」

ますだおかだ・岡田の仕切りのすさまじさ

 そして、闇鍋のようなむちゃくちゃな料理を、奇跡的に美味しく仕上げるのが、MCを務めるますだおかだ・岡田圭右と、それをサポートする川野良子アナウンサーだ。『脳ベルSHOW』は、この2人なくして成立しない。

 記念すべき第1回放送で、映画監督の山本晋也が白紙で解答するという1コマがあった。このとき、岡田は「残念! タイムオーバー!」という言葉で表現。解答できなかったゲストが悪いのではなく、あくまで番組側の都合で不正解になったようにさばいて見せたのだ。

 コロナ禍のなか、番組内で「私も大好き!脳ベル応援団」として千原ジュニア、伊集院光、清水ミチコ、ロッチ中岡、東野幸治がVTR出演した。それぞれが“脳ベル愛”を伝えるとともに、異口同音に絶賛したのが、岡田圭右の仕切りのすさまじさである。

「無解答で出したおばあちゃんのタレントさんに『潔い!』と、恥をかかせずにポンっと良いことを言う岡田君のやさしさ」とは伊集院光のコメントだ。

 人間の脳はどうしたって衰えていく。クイズに答えることができない姿は、人によっては恥ずかしさをともなうだろう。しかし、この番組は岡田の名調子と仕切りによって、解答者を悪者にしない。人への寛容さがあるからこそ、海千山千のゲストたちが好き勝手に解答しても、「笑える」し「不快にならない」。

 こうした面白さと安心感が絶大な支持を受け、コロナ禍以前は、『脳ベルSHOW』を母体とする『BSフジ11時間テレビ 全国対抗!脳トレ生合戦!!』が、2017年〜2019年にわたって放送されたほどだった。

超人気番組が「縮小」する理由は?

 そんなBSフジを代表する超人気番組が、縮小してしまうのだから、「!?」である。前出、谷口大二氏が説明する。

「おかげさまで『クイズ!脳ベルSHOW』によって、BSフジのプレゼンスは向上しました。一方で、それ以外の番組がなかなか育たないという危機感もあり、(『脳ベルSHOW』の)人気が健在なうちに仕掛けることが大事だと」
 

 そこで、『脳ベルSHOW』で培ったDNAをまくことで、新たな人気コンテンツを模索しようと決断したという。

 10月の改編によって、『脳ベルSHOW』は月曜22時のみの放送となった。火曜〜金曜枠には、俳優・梶原善が案内人を務める『ビルぶら!レトロ探訪』(火曜)、中山秀征と三雲孝江がMCを務める『昭和歌謡パレード』(水曜)、落語家・桂宮治が街ブラをする『〜日本全国〜桂宮治の街ノミネート』(木曜)、フジテレビの名作ドラマを再放送する『名作ドラマアワー』(金曜)といったラインナップが並ぶ。なお、火曜MCの梶原善、木曜MCの桂宮治は、『脳ベルSHOW』の出演経験者だ。

「各番組のプロデューサーには、『脳ベルSHOW』に出演したことのあるゲストのラインナップを伝えました。新番組は、脳ベルSHOWファンの方も楽しんでいただけると思っています」(同前)

 一方で、「地上波の『全力!脱力タイムズ』や『さんまのお笑い向上委員会』に岡田さんがゲスト出演すると、『脳ベルSHOW』がいじられる展開となってきており、うれしいやら悲しいやら」と打ち明ける。

 もし仮に、新番組が思うような結果を残せなかった場合、『脳ベルSHOW』が週2回、3回というように復活する可能性はあるのか? そう尋ねると――。

「可能性はゼロではないでしょう。ただ、他局が22時台の月曜から金曜にさまざまなジャンルを展開する中で、我々だけはずっとクイズを展開してきた。テレビ局である以上、その“狭さ”を広げていくようなチャレンジはしていかないといけない」(谷口氏)

視聴率が良いだけでは、番組継続は叶わない

 NHKとは違い民放テレビ局は、番組を作るだけでなくスポンサーを獲得するという営業(ビジネス)としての側面も持つ。視聴率が良いだけでは、番組を継続していくことは叶わないケースもある。そうした背景を、どのテレビ局も抱えている。

 BSフジが『脳ベルSHOW』を週1に改編したことで、番組ファンからは失望の声も上がっている。

「きみが帰ったら部屋ががらんとしちゃったよ」とは、『さようなら、ドラえもん』の回で、のび太が発するセリフだ。

 月曜日以外の22時台、BSフジを眺めていると、そんなことをふと思う。『脳ベルSHOW』のない22時台は、秋の夜長とあいまって何ともさびしいものがある。

 だが、のび太はこう続ける。

「でも……すぐになれると思う。だから……、心配するなよ」

 もともとは、週1放送から始まった番組である。7年も放送していれば、テレビ番組にはいろいろなことが起きる。この改編も、『脳ベルSHOW』ならではのハプニング――だと思い込むのは、やっぱり無理があるだろうか。

(我妻 弘崇)