「君の花になる」」Netflixで世界配信へ
 - (C) TBS

写真拡大

 本田翼が主演を務めるTBS系火曜ドラマ「君の花になる」(10月18日よる10時〜スタート)が、動画配信サービスParavi、Netflixで国内配信されることが決定した。さらにNetflixでは世界配信されることも発表された。

 TBSのドラマがNetflixで配信されるのは、「日本沈没-希望のひと-」に続き2作目となる。Paraviでは、各話の初回放送直後配信(第1話は10月18日)。Netflixでは、10月19日より配信開始(日本国内)、その後、海外にて順次配信が予定されている。

 本作は、あるできごとにより挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ“8LOOM(ブルーム)”のメンバーが共同生活を送る寮の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく物語。あす花は、かつての教え子・佐神弾(高橋文哉)と再会。弾がグループのリーダーとして夢に向かってまっすぐ挑戦する姿に心を打たれ、気づけば教師だった頃の情熱を取り戻し、自身の挫折とも向き合うようになる。(編集部・梅山富美子)