Blizzard Entertainmentは10月4日、Twitter上で初代『オーバーウォッチ』のゲームサーバーをオフラインにしたと発表した。

次期タイトル『オーバーウォッチ2』への切り替えに伴う作業。『オーバーウォッチ2』は基本プレイが無料となり、ゲームの内容も6vs6から5vs5へと少人数化。プレイには電話番号のSMS認証が必須となるなど、作中のプレイアブルキャラクター「D.Va」からとった防護策「ディフェンス・マトリクス」を講じている。

オーバーウォッチ2は全世界同時リリースを予定しており、オープンは10月5日午前4時ごろ(日本時間)。シーズン1にログインしてプレイした全員に新キャラクタージャンカー・クイーンとソジョーンを配布するほか、初代『オーバーウォッチ』を遊んでいたプレイヤーはシーズン2終了までに受け取れる「ファウンダーズ・パック」でキリコもアンロックできる。

#オーバーウォッチ のサーバー は #オーバーウォッチ2 への移行準備のために、現在オフラインとなりました。電話番号の登録などの準備をお忘れなく!#OW2で会いましょう https://t.co/iAxAsZN21K- オーバーウォッチ (@jpPlayOverwatch) October 3, 2022