iPadOS16.1の最新ベータ版では、ディスプレイ「拡大表示」での作業スペース確保が、11インチiPad Proの古いモデルでも利用可能となっていることが分かりました。

ステージマネージャ対応に関係か

「拡大表示」とは単なるズームではなく、ディスプレイの解像度設定を指しており、Split Viewやステージマネージャといったマルチタスキング機能での使用が想定されています。
 
iPad Proでは拡大表示のスペース確保機能は、これまでM1チップを搭載したモデルでの利用に限られていましたが、ベータ版では11インチモデルであれば、2018年のA12X搭載iPad Proや2020年のA12Z搭載iPad Proでも利用できるようになっています。これはステージマネージャの対応とも一致します。
 
利用方法は簡単で、iPadOS16の最新ベータ版をインストールした対象デバイスであれば、「設定」>「画面表示と明るさ」>「拡大表示」から、より多くのスペースを確保することができます。
 

 
ただし、デベロッパーのスティーブ・トラウトン-スミス氏によると、作業用スペースの拡大機能は12.9インチのiPad Proに関しては、相変わらずM1チップモデルにしか採用されていないとのことです。
 


 
なお、iPadOS16は正式版が未だに登場しておらず、開発者向けのベータ4が先日公開されたiPadOS16.1が、10月に最初のiPadOS16シリーズとしてリリースされる見込みです。
 
 
Source:MacRumors,Twitter/stroughtonsmith
(kihachi)